海外でのトラブル事例

海外旅行での注意事項

海外と日本では商習慣が異なるため、注意が必要です。海外への渡航前に現地状況をご確認ください。
また、渡航に際し、事前に情報を外務省の海外安全ホームページで詳しく確認することも可能です。

観光地や宿泊先前での客引き等には、絶対について行かないようにしましょう。

ATMやCD機(キャッシュディスペンサー)を操作する場合は、後方や周囲に注意し、暗証番号を盗み見られないようにご注意ください。

レンタカーの契約書は十分内容を確認しましょう。

レストランやホテル等の売上票にはチップ欄がありますので、空欄になっていないか合計金額は正しいかをご確認ください。

地域を絞り込む

東南アジアでのトラブル

繁華街や露店が多い路上でのスリ被害

繁華街や露店が多く立ち並ぶ路上で、商品を見たり、飲食をしている間に力バンから貴重品を抜き取るスリ被害が、マレーシア・タイ・ベトナムを中心に多発しております。
視界に入る範囲で力バンやリュックを持ち歩くなど、可能な範囲でスリ対策をしていただきますようお願いいたします。

ショッピングモール内での置き引き

マレーシア・タイを中心に、ショッピングモール内での飲食中に、貴重品を抜き取られる被害が発生しております。
飲食店で荷物を座席の床に置く、もしくは椅子の背にショルターバッグをかける等で、バッグが視界に入っていない状態で起きることが多いようですので、飲食時の荷物・貴重品の管理には十分ご注意ください。

単身旅行者をターゲットにした貴重品の盗み取り

複数人の現地人男女が「友達になろう、一緒にタ食に行こう、飲みに行こう」などと、単身旅行者へ友好的に話しかけ、一緒に飲酒して気が緩んだ隙を狙って貴重品を抜き取る被害が発生しております。


ヨーロッパでのトラブル

偽警察官による詐欺

警察官と名乗る人物が偽の警察IDを見せたうえで、パスポート・財布・クレジットカードの提示を求めたり、暗証番号の開示を求めてくる事案が、主にイギリス・スペインを中心に多発しています。財布は返却されても、カードが抜き取られ悪用される可能性がございます。
警察がクレジットカードの提示を求めたり、暗証番号を聞くことはありません。第三者にはクレジットカードを渡さないよう、また暗証番号を教えないよう十分に注意しましょう。

駅構内での声掛けによる被害

駅構内で、スーツケースやリュックなどの複数の大きな荷物を持っている人を狙って、複数の男女が「荷物を運ぶのを一緒に手伝いますよ」などと声をかけ、運んでいる時に荷物の中から貴重品を抜き取る被害が発生しております。

駅構内でのエレベーター・改札付近での被害

エレべーターに乗る際や駅の改札を抜ける際にもご注意ください。
ターゲットの前後を挟むように複数人が入ってきて、前にいる人が突然後ろに倒れかかってくるなどしてターゲットが気をとられている隙に、後ろにいる人がリュックや力バンから貴重品を抜き取る、という被害が発生しています。

カードすり替え事案

空港、街中、駅構内で「日本の知人に公衆電話より電話をかけたいが、クレジットカードを所持していないため、現金で支払うのでカードで代わりに電話をかけさせて欲しい」と話しかけ、公衆電話でカードを使用する際に一時的にカードを預かり、返却の際に他人のカードとすり替えて悪用する事案が発生しておりますのでご注意ください。


アメリカ合衆国でのトラブル

スキミングによる偽造カード被害

主にカリフォルニア・ラスベガス・サンフランシスコなどの店舗やATMに仕掛けられた「スキマー」にて、クレジットカードをスキミング(※)される手口。クレジットカード決済の際は、カードの取り扱いが充分になされているか注視することで牽制効果に繋がります。また、怪しい挙動があった場合、カード利用お知らせメールおよびカード利用明細を確認いただくことで不正使用に気付くことが可能となります。

※スキミングとは、クレジットカードなどの磁気情報を盗み取ることです。

ビーチでの置き引きおよび車上荒らし

主にハワイ・グアムなどのビーチリゾートでは、海水浴に出かけるに貴重品を肌身から離した一瞬の隙を突いて、ビーチのベンチや木の木陰に置いていたバックよりクレジットカードを抜き去る事象が発生しています。
また、足を延ばして遠くビーチへ出かけた際も、車の後部座席のガラスが割られ車上荒らしに合うといった被害も報告されています。
ビーチへお出かけの際は、貴重品をコンパクトにまとめられる防水バッグやアロハロッカーズ(ワイキキビーチ設置のコインロッカー)などを賢く利用し、より安全に楽しく便利に旅行をお楽しみください。

マッサージなどの色仕掛けによる詐欺被害

主にハワイで、低価格でマッサージを受けられるなどの甘い言葉をかけ、クレジットカードを持っているか確認したあと一緒にATMまで行き、カードが正しく使用できるか確認するために小額の引き落としなどを利用させ、その際に暗証番号を盗み見られたのち、場所を移動し、着替えの際などに共犯者がクレジットカードを抜き取り、その後不正に利用される事案も多発しています。
暗証番号を入力する際は周りに注意をはらい、第三者に盗み見られないよう十分に注意しましょう。


東アジアでのトラブル

スリ・盗難による被害

主に台湾の駅、空港、寺院、博物館、史跡、有名飲食店、夜市など、観光客が立ち寄る先で財布などのスリ被害が増加しています。人混みでは、貴重品の所在を常に確認するようにしましょう。
スリに気づいた場合は、不正使用防止のため、速やかにカードの紛失・盗難ダイヤルにご連絡ください。

飲食店などでの高額請求を受ける被害

主に上海(中華人民共和国)の路上で、「飲み放題」「安い」などの言葉で客引きや呼び込みに勧誘されてマッサージ店・飲食店・カラオケ店に連れて行かれ、監禁・暴力・脅迫を伴ったクレジットカードの高額決済を強要される事案が発生しています。
宿泊先の前で声をかけられたため油断し、出張中の同僚と同時に監禁されるケースもあります。このような勧誘を受けた場合、決してついていかないようご注意ください。


このほか、各国での犯罪発生状況や防犯対策について、外務省の「海外安全ホームページ」もご確認ください。

楽天×FCバルセロナ 特設ページ