現在地
トップ > セキュリティ > インターネットでのトラブル事例

インターネットでのトラブル事例

WEBサービスのパスワード管理に関するご注意

オンラインショップのサーバーに対する外部からの不正アクセスにより、ID・パスワードを含む個人情報が漏洩する事案が発生しています。
複数のサイトで同一のID・パスワードを使用されている場合、思わぬ不正被害に遭ってしまう危険性があります。
WEBサービスにおいては異なるパスワードを設定することをおすすめします。

個人情報を入力させる不審なEメールにご注意ください

フィッシングメールにご注意ください

オンラインゲームやWEBメールサービスを提供する会社、カード会社や銀行等を装ったEメールを送信し、ID・パスワード、カード番号、暗証番号、住所などの個人情報を不正に収集しようとする悪質なフィッシング(詐欺)メールにご注意ください。

このような案内文にご注意ください

「重要なお知らせ!」、「お客様のアカウントに不正アクセスがありましたので、こちらのURLからアカウントの初期化を行ってください!」などという案内を送り、偽のWEBサイトへ誘導して会員様の個人情報などを騙し取るケースが発生しています。
万が一このようなメールを受信した場合、本文中のリンクをクリックしたり誘導されるまま個人情報を入力したりすることは絶対にお止めください。

悪質な「有料メール交換サイト」にご注意ください

有料メール交換サイトの手口

「出会い系サイト」をはじめとした「有料メール交換サイト」とお客様との間でトラブルが発生しています。
このようなサイトでは、サイトで知り合った相手とメール交換をするためにポイントを購入するよう誘導されるなどして、気づいたときには高額な請求となっている場合があります。
さらには、無料サイトを装って勧誘し、実際には有料サイトへ誘導する窓口になっている場合もあります。
料金体系やサービス内容に関するトラブルは契約者ご本人様の責任となりますので、有料メール交換サイトのご利用にはくれぐれもご注意いただきますようお願いいたします。

詳細について

悪質なサイトについては、国民生活センターでも注意喚起を行っています。
詳しくは次のリンク先をご確認ください。

スパイウェアによるネット詐欺にご注意

最近、スパイウェアによる犯罪が発生しております。
スパイウェアとは電子メールやアプリケーションソフトのインストール時にパソコンに侵入、パスワードなどの個人情報を調査し、その結果を第三者に転送してしまうプログラムのことです。

被害に遭わないためには、ウイルスチェックソフトなどのセキュリティソフトを利用することをお勧めします。

有名ブランド品の偽物を販売するショッピングサイトにご注意ください

最近、有名ブランド品のアウトレットショップを装い「偽物」を販売するサイト利用のトラブルが急増しています。
トラブルの大半は「連絡先が分からずキャンセルできない」「粗悪品を送りつけられた」など、国内業者を装った海外業者のため、連絡がつけられない状況となっています。
カードをご利用の際は、信頼の出来るサイトであることをお確かめのうえ、ご利用ください。

▲注意1
正規品に比べて明らかに安い場合。
▲注意2
個人が販売しているもの(オークションサイトなど)。
▲注意3
日本語が翻訳ソフトで生成されたような文章の場合。
▲注意4
連絡先がフリーメールのみの場合。

「必ずもうかる」等の広告で勧誘する情報商材の販売

情報商材(※1)に関する苦情が国民生活センターをはじめ全国各地の消費生活センターに数多く寄せられています。
情報商材はインターネット通販から手軽に購入できるため「広告ページに"必ずもうかる"と書かれていたのに実際にはその収入を得ることができなかった」「広告には返金保証とうたっているが返金に応じてくれない」といったトラブルが多く発生しています。情報商材を購入する際は十分ご注意ください。

※1 インターネットの通信販売を通じて売買される「高額収入が得られる」「返金保証で安心」等の一般にはあまり知られていない情報や自分の経験談に基づく情報冊子、DVD等の教材。

トップへ戻る

セキュリティサービス
一覧ページへ
カードをお受け取りに
なられたら
より安心してご利用
いただくために
カードご利用後の万が一のトラブルに際して
楽天カードの
セキュリティ体制
お客様にご注意
いただきたいこと

楽天×FCバルセロナ 特設ページ