石油王とは|大富豪の人生と、そこから学ぶ投資のコツをご紹介!

リリース日:2022/11/18 更新日:2023/09/12

石油王と呼ばれるのは、石油に関連したビジネスで成功を収め、巨万の富を手に入れた実業家たちのことをいいます。特に有名なのは、アメリカを代表する石油会社「スタンダード・オイル社」の創業者である「ジョン・ロックフェラー」です。アメリカを代表する大財閥「ロックフェラー財閥」を設立したことでも知られています。幼少期の貧しい時代を乗り越え、石油王と呼ばれるようになったジョン・ロックフェラーは、まさにビジネスの成功者といえるでしょう。

ここでは、大富豪ジョン・ロックフェラーの人生やビジネススタイルを振り返りながら、投資に成功する秘訣を探っていきます。

  1. 石油王とは
  2. 大富豪ジョン・ロックフェラー
  3. ジョン・ロックフェラーと投資
  4. 化石燃料投資からの撤退
  5. 大富豪から投資の考え方を身につけよう

石油王とは

石油王とは

石油王とは、上記の通り、石油に関連したビジネスで成功を収めた実業家を指しますが、一般的にイメージされるような、実際に石油を掘り当てて成功した人だけではなく、石油の流通や販売、管理など、石油に関連するすべてのビジネスに携わる人が対象です。

 

世界には石油王と呼ばれる人物が数多く存在します。なかでも以下のような人物が有名です。

 

●ジョン・ロックフェラー(アメリカ)
●ゲルマン・ハン(ロシア)
●モハメド・アムディ(サウジアラビア・エチオピア)
●ヴィクトル・ヴェクセリベルク(ロシア)
●ロマン・アブラモヴィッチ(ロシア)
●ヴァギト・アレクペロフ(ロシア)
●ムケシュ・アンバニ(インド)

 

ここに挙げた人物のなかでもジョン・ロックフェラーは、石油が世の中に浸透し始める頃から石油の流通・販売ビジネスを開始した、いわば石油業界のパイオニア的存在です。その資産額は、現在の金額で2,530億ドルといわれており、2022年10月時点の日本円にすると約37兆円にのぼります。ここからは、大富豪ジョン・ロックフェラーの生涯に注目し、成功する秘訣を解き明かしていきましょう。

大富豪ジョン・ロックフェラー

ジョン・ロックフェラーと投資

ジョン・ロックフェラーは、スタンダード・オイル社の創始者です。アメリカの石油産業を牽引し、最盛期にはアメリカ国内の石油市場の90%以上を手中に収めてコントロールしていたといいます。その経歴と実績はまさに「石油王」と呼ばれるにふさわしいものでした。ここでは、大富豪ジョン・ロックフェラーの幼少期から石油王と呼ばれるまでに至った経緯と、慈善事業家としての活動の歴史を振り返ります。

貧しい家計を支える幼少期

ジョンは、1839年にニューヨーク州リッチフォードで6人の子供たちの2番目として生まれました。父親は、ボタニック・フィジシャン(薬草医)として薬を売り歩くセールスをしていたといいます。しかし、父親が真面目な人柄ではなかったことや浪費家な一面を持っていたことから、ジョンは幼い頃から仕事として野菜や育てた七面鳥などを売って家計を支えていました。

 

一方、母親はクリスチャンで、聖書に則った暮らしを送っていたといわれています。ジョンも、幼い頃から聖書の教えに親しみ、毎週日曜日には教会での奉仕活動を続けていました。

事業開始から石油王と呼ばれるまで

20歳になったジョンは、友人のモーリス・クラークとともに委託販売を行う「クラーク&ロックフェラー社」を設立しました。ジョンは、クラーク&ロックフェラー社設立の前に、穀物を中心に委託販売を行う会社に経理職で勤めていたこともあり、事業の土台を身につけていたのです。そして、同時期に他の州で石油の機械掘りに成功したことを受けて、ジョンも商品の一部に石油を取り入れ、事業は順調なスタートを切りました。

 

当時、石油は今ほど重要性を認識されていなかったものの、ジョンはこのときすでに、石油が将来急成長し、莫大な富を生み出すものであると確信していたのです。このジョンの考えに反対していた友人クラークと別れ、新たなビジネスパートナーであるサム・アンドリュースとともに「ロックフェラー&アンドリュース社」をスタートしました。

 

再スタートを切ったジョンは、銀行から融資を受けて石油の精製を行う工場を購入し、石油事業に取り組みました。その後も順調に業績を伸ばし、1870年についに資本金100万ドルで「スタンダード・オイル社」を設立。同社は、その後、石油市場の90%を占拠するほどの大企業となりました。

慈善事業家としての活動

石油王として名を馳せたジョンは、1897年58歳で現役を引退。1913年にはロックフェラー財団を設立し、自分が持つ多額の資産を公益のために費やして数々の組織や施設を作り、社会問題の解決への取り組みを始めました。こうしてジョンは、石油王から一転、世界一の慈善事業家として人生後半を費やしたのです。

 

石油事業の成功で大富豪となったジョンが、慈善事業家として公益のためにお金を使うようになった背景には、聖書の教えがあります。その教えとは「収入の十分の一を寄付し続けること」です。これはジョンが幼い頃から守ってきた教えで、事業が拡大しているときも停滞しているときでも、必ず収入の10%を寄付していたといいます。




ジョン・ロックフェラーと投資

ジョン・ロックフェラーと投資

ジョン・ロックフェラーが石油王になれたのは、石油への投資が成功したからであり、投資が成功したのは投資の考え方が正しかったからだといっても過言ではありません。彼の人生のなかに投資の考え方のヒントになる考え方が数多くあるので、ポイントとなる部分を確認していきます。

 

 

●成長する投資先を見極める力
●石油の採掘ではなく流通に目を向けた論理的な思考
●質素な生活

 

上記がジョン・ロックフェラーの伝記から学べる「成功に必要な考え方」です。真似をすれば誰もがジョンのようになれるというわけではありませんが、これからビジネスや投資を始めたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

成長する投資先を見極める力

石油は今でこそ生活に欠かせない大切な資源ですが、当時はまだその重要性を見出している人は少数でした。そのような状況下で、ジョンは石油の将来性に気づき、多大な時間とお金を投資することで莫大な資産を築いたのです。

 

この考えを投資に落とし込むとすれば、「まだ誰も注目していない将来性のある企業に投資をするべき」ということかもしれません。ジョンのように直感的に投資先を選ぶことはなかなか難しいものです。しかし「この企業の提供するサービスは数十年先も人々に愛されているか」「時代の流れに逆行していないか」のような考えから自分が納得できる投資先を見つけることは十分可能でしょう。

 

自分でしっかり見極めた投資先なら、多少業績が悪化してもその企業を信じて投資をすることもできます。結果として、長期にわたって保有している株式が大きな資産となる可能性もあるでしょう。

石油の採掘ではなく流通に目を向けた論理的な思考

ジョンは、石油の採掘ではなく、石油の流通・販売の事業を拡大することで成功を収めました。一般的な考えなら、石油を採掘できれば高値で売却し莫大な富を得られるという思考回路になるでしょう。しかし、油田を見つけられるかどうかは運に左右されるものです。彼はギャンブル性が高い事業は行うべきでないと判断し、石油開発に目を向けなかったのです。

 

現代の投資においても、ギャンブル性が高い投資に多くの資金をつぎ込むのはおすすめできません。特に堅実に資産形成をしたいと考えているなら、短期間で一攫千金を狙うようなハイリスク・ハイリターンの投資を選ぶことは避けましょう。

 

ハイリスク・ハイリターン投資は「投資」ではなく「投機」とも呼ばれています。成功すれば大きな利益を得られますが、確実性が低く、失敗したときの損害が大きくなる可能性が高いといえます。初めて投資を行う人は自分の投資スタイルが投機になっていないかよく確認しましょう。

質素な生活

ジョンは、幼少期から質素倹約といえる生活を送り、その生活スタイルは大富豪になってからも変わりませんでした。そもそもジョンは、聖書の教えである「収入の10%を寄付する」ことを幼少期のお小遣いから実践していたといいます。どれほど家計が苦しいときでも、真面目に仕事をこなして、必要以上の贅沢をせずに毎月収入の10%を寄付していたのです。

 

ジョンと同じように、収入の10%を寄付することは誰にでもできることではないかもしれませんが、例えば、収入の数%を寄付するつもりで今の生活を見直してみてはいかがでしょうか。もし、毎月の収入では家計が回らないということであれば、必要以上の贅沢をしていないかを見直してみたり、さらに収入を増やす手段はないかを考えたりしてみても良いかもしれません。

化石燃料投資からの撤退

化石燃料投資からの撤退

石油関連事業で成功を収めたロックフェラー家が管理する「ロックフェラー・ファミリー・ファンド(RFF)」は、すでに化石燃料関連への投資から撤退を宣言しています。化石燃料は、燃焼の過程で二酸化炭素を排出し、気候変動の要因となります。世界的に進んでいる環境問題への取り組みの観点から、ロックフェラー・ファミリー・ファンドだけでなく、多くの大手金融機関や企業が保有資産の処分を公言しました。

 

今後は地球環境に考慮した資源や、世界の動向を意識することも投資先選びの重要なポイントとなるでしょう。

大富豪から投資の考え方を身につけよう

大富豪の歴史を振り返ると、投資・ビジネスの成功者として学ぶべきポイントが数多く発見できます。成功者の行動や考えをすべて真似ることは難しくても、参考にできる箇所は見つかると思いますので、ぜひ自分にもできそうなことから始めてみましょう。

これから投資を始めてみたい人には、楽天証券がおすすめです。新規口座開設数も多く、初めての人でも使いやすい証券会社と評価されています。

 

商品ラインナップは、国内株式や米国株式、投資信託など投資スタイルに合わせて選択できます。また、楽天証券では貯めたポイントを使ったポイント投資も可能です。

 

長期的な資産形成におすすめのNISAとつみたてNISAは、国からの税制優遇が認められているため、本来なら利益に対して約20%の税金がかかるところを非課税で利用できる点が特徴的です。ギャンブル性が低いため、投資初心者でも始めやすいでしょう。大富豪の考えを取り入れながら、楽天証券で賢く堅実な資産形成を始めてみてはいかがでしょうか。

このテーマに関する気になるポイント!

  • 石油王とはどういう人?

    石油王とは、生活に重要な資源である石油に目をつけ、石油に関連したビジネスで成功を収め、巨万の富を手に入れた実業家たちのことです。

  • 特に有名な石油王は?

    アメリカのスタンダード・オイル社の創始者、ジョン・ロックフェラーです。

  • ジョン・ロックフェラーから投資のコツを学ぶとしたら?

    (1)成長する投資先を見極めること、(2)論理的な思考でギャンブル性の高い投資はしないこと、(3)質素な生活を送ること、でしょう。

鈴村ひろみ
この記事を書いた人
ファイナンシャル・プランナー(2級FP技能士)
鈴村ひろみ

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

FP2級技能士|元保育士
金融分野を中心に執筆しているWebライター。 保育士時代に多くのワーキングママと関わる中、お金の問題の重大さを痛感しました。 お金の悩みに深く寄り添える記事を執筆します。

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。なお、本コンテンツは、弊社が信頼する著者が作成したものですが、情報の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問等には一切お答えいたしかねます。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。あらかじめご了承ください。

LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/07/16~2024/07/20)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car