楽天Edyでお得に支払い!ポイントが貯まる・使える店舗を紹介!

リリース日:2019/03/19 更新日:2019/03/19

楽天Edyは、電子マネーの一種です。キャッシュレス時代が本格的にやってくる前に、楽天Edyがどんなもので、どういうお店で使えるのかを知っておきましょう。ポイントを貯めることで得られるメリットもご紹介します。

楽天Edyでお得に支払い!ポイントが貯まる・使える店舗を紹介!

もくじ

・楽天Edyとは

・楽天Edyのポイント還元率

・楽天Edyが使えるお店

・楽天Edyの申込方法

楽天Edyとは

楽天Edyは、楽天グループが運営している電子マネーです。お店の専用リーダーにカードやおサイフケータイをかざすだけで支払いが完了するという便利なサービスなのです。

 

しかも、楽天Edyを使って買い物をするだけで自然とポイントが貯められます。現金で買い物をした場合、そのショップの独自のポイントカードなどを持っていなければ、特にメリットを得ることはできませんよね。ところが、楽天Edyの場合は、どこで使っても使った金額に応じてポイントをもらうことができるのです。

 

電子マネーには、楽天Edy以外にもいろいろな種類があり、独自のポイントシステムや特典などを用意して魅力を高めています。また、使えるお店も電子マネーの種類によって異なります。楽天Edyの場合はどのようなシステムになっているのか解説します。

楽天Edyのポイント還元率

楽天Edyのポイント還元率

楽天市場を利用している人にとって、楽天スーパーポイントはとても身近なものでしょう。お買い物をするだけでポイントが貯まっていき、普段の買い物やちょっとした贅沢をしたいときに役立ってくれるものです。

 

楽天Edyでは、この楽天スーパーポイントを貯めることが可能です。通常のポイント還元率は0.5%で、200円で1ポイントが貯まります。楽天市場の100円で1ポイントに慣れた人にとっては、「たったそれだけか」と感じるかもしれませんが、これまで一切ポイント還元がなかった現金での買い物を楽天Edyに変えることで、知らず知らずのうちにポイントが貯まっていくわけですから、大きなメリットです。

 

たとえば、毎日のランチ1,000円と飲み物200円を現金で買っていた人が楽天Edyにした場合、1,200円×30日×0.5%=180円のポイントが毎月貯まります。1年で2,160円ですから、ちょっと贅沢なランチを食べられますよね。

 

さらに、楽天Edyでは毎月さまざまなキャンペーンを行っています。指定店舗で使うことでポイントがもらえたり、抽選で当たったりするので、こちらをチェックしておくとさらに大きくポイントを貯めることができるでしょう。

楽天Edyが使えるお店

楽天Edyが使えるお店

楽天Edyが使えるお店の一部をご紹介します!

 

まず、コンビニはほぼどこでも使えると言っていいでしょう。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3店舗はもちろん、デイリーヤマザキやミニストップ、スリーエフ、セイコーマートでも使用可能です。コンビニで食事や飲み物を買うことが多い人は、その分の支払いを楽天Edyに乗り換えるだけでもオトクになります。

 

そのほかの店舗では、マクドナルドやガスト、マツモトキヨシ、ロフトなどでも使うことができます。これらのショップに入ったり買い物をしたりすることがあるという人はかなり多いのではないでしょうか?

 

また、家電ショップでは、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ、飲食店ならサンマルクカフェや上島珈琲店、ロイヤルホスト、カラオケはビッグエコーやシダックスと、楽天Edyを使えるショップは大手チェーン店に多数存在しています。

 

使えるかどうかわからないというときは、店舗入り口やレジ付近に楽天Edyのマークがあるかどうかをチェックしてみましょう。ショップの一覧は、楽天のホームページで確認することができます。

https://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/

楽天Edyの申込方法

楽天Edyの申込方法

楽天Edyは、楽天ポイントカードや楽天カードに付帯させるか、おサイフケータイを使うかを選んで始めます。

 

カードの場合は、楽天市場で売っている「楽天ポイントが貯まるEdyカード」を買うか、Edy付き楽天カードを申し込むことで手に入れることができます。すでに楽天カードを持っている人は、切り替えの申し込みをしましょう。切り替え期間中も、新しいカードが届くまで今のカードを使い続けられますから、空白期間ができて不便ということはありません。

 

おサイフケータイで利用する場合は、専用アプリをダウンロードすることで使えるようになります。このアプリは、AndroidでもiPhoneでも使用可能です。ただし、ケータイが故障・水没してしまったときの残高補償は事前申し込みをしておかないと受けることができません。思わぬトラブルで残高がなくなってしまわないためにも、きちんと申し込みをしておきましょう。

 

楽天Edyは、都合に合わせていろいろな使い方ができる電子マネーです。楽天スーパーポイントを日頃から利用している人は、毎日の生活に楽天Edyを採り入れて、さらに多くのポイントをゲットしましょう!楽天Edyでは入会キャンペーンを実施していることもあるので、申し込みをするときは事前に確かめておくのがオススメですよ。

平林恵子
この記事を書いた人
ファイナンシャル・プランナー
平林恵子

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

人事労務関係の仕事からライターへ転身。経験を活かしてコラム執筆を行っています。2017年、見識を深めるためにFPの資格を取得しました。税金や給与計算などに詳しくない方にもわかりやすい解説を心がけています。

この記事をチェックした人にはコチラ!

この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/07/17~2024/07/21)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car