クレジットカード付帯の旅行傷害保険の手続きの流れは?補償内容や注意点についても解説

リリース日:2023/10/12 更新日:2023/10/12

ここでは、カード付帯の旅行傷害保険の手続きの流れや、旅行傷害保険の種類・補償内容などについて解説します。クレジットカードに付帯している旅行傷害保険がどのようなケースで役立つかを理解し、旅行に行くときにぜひお役立てください。

  1. 旅行傷害保険には「クレジットカード付帯の保険」と「保険会社の保険」がある
  2. クレジットカード付帯の旅行傷害保険の種類
  3. クレジットカード付帯の旅行傷害保険の補償内容
  4. クレジットカード付帯の旅行傷害保険の適用条件は?
  5. クレジットカード付帯の旅行傷害保険の手続きの流れ
  6. クレジットカード付帯の旅行傷害保険に関する注意点
  7. 旅行に行くときにはクレジットカード付帯の旅行傷害保険が便利

旅行傷害保険には「クレジットカード付帯の保険」と「保険会社の保険」がある

旅行傷害保険は大きく、「クレジットカードに付帯している保険」と「保険会社が取り扱っている保険」に分けられます。

 

カード付帯の旅行傷害保険は、クレジットカードを保有していれば保険の申し込みを行わなくても適用される保険です。ただし、クレジットカードによっては旅行傷害保険が付帯していない場合や、適用されるための条件がある場合があります。

 

保険会社が取り扱っている旅行傷害保険は、加入の申し込みを行った場合に特定の期間だけ補償を受けられます。

クレジットカード付帯の旅行傷害保険の種類

カード付帯の旅行傷害保険の種類には、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険があります。また、旅行傷害保険ではないものの、旅行時に役立つ保険にはショッピング保険やカード盗難保険があります。

 

海外旅行傷害保険および国内旅行傷害保険は、それぞれ海外・国内での旅行や出張中などにケガをしたり、携行品が破損したりした場合に補償を受けられる保険です。

 

ショッピング保険は、カード払いした商品が壊れたり盗まれたりした場合に補償を受けられます。

 

カード盗難保険は、紛失や盗難したクレジットカードによって被った被害額の支払いを免除してもらえる保険です。

 

いずれの保険も付帯していると心強いため、クレジットカードを選ぶときはこういった保険の有無を確認すると良いでしょう。

クレジットカード付帯の旅行傷害保険の補償内容

カード付帯の旅行傷害保険および、旅行時に便利なそのほかの保険(ショッピングガード保険・カード盗難保険)の補償内容について、以下で詳しく解説します。

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険

クレジットカードによって若干異なりますが、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険の主な補償内容は、以下のとおりです。

 

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用

傷害死亡・後遺障害は、保険期間中に被保険者が事故などにより死亡したり障害が残るようなケガを負ったりした場合に、補償を受けられます。

 

傷害治療費用および疾病治療費用はそれぞれ、保険期間中にケガで医師の治療を受けた場合、保険期間中に疾病などで医師の治療を受けたときの補償です。

 

賠償責任は、保険期間中に事故によって他人にケガを負わせたり、他人のものを壊したりした場合の補償です。保険金額の範囲内で損害賠償金や訴訟費用などを負担してもらえます。

 

携行品損害は、保険期間中に被保険者の携行品が事故などによって損害を受けたときに補償を受けられます。

 

救援者費用は、保険期間中に被保険者が事故によって遭難したり病気にかかって入院したりしたときに捜索・救助にかかった費用や、救護者が現地に行くまでの航空運賃などの費用を補償してもらえます。

旅行時に便利なそのほかの保険(ショッピング保険・カード盗難保険)

ショッピング保険は、カード払いした商品が壊れたり盗まれたりした場合に補償される保険です。ショッピング保険では、自己負担額や対象期間が設けられている場合があります。

 

自己負担額とは、被保険者が負担する必要のある金額です。例えば、カード払いした商品が壊れて8,000円の損害が発生した場合、自己負担額が3,000円だとすると、補償を受けられる金額は8,000円-3,000円=5,000円となります。

 

対象期間は、ショッピング保険によって補償を受けられる期間です。クレジットカードで商品を購入した日から90日間や200日間など、保険によって対象期間が異なります。ご自身が保有しているクレジットカードに付帯しているショッピング保険の対象期間は、きちんと把握しておきましょう。

 

カード盗難保険は、クレジットカードの紛失・盗難後に不正使用された場合に、カード使用の被害額が保険会社の判断に基づいて免除される保険です。

 

被害額が免除される期間は、「クレジットカードが紛失・盗難されたという連絡を受けた日から60日前以降」や「クレジットカードが紛失・盗難されたという連絡を受けた日の10日前から30日後」など、カード会社によって異なります。

クレジットカード付帯の旅行傷害保険の適用条件は?

カード付帯の旅行傷害保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。自動付帯はその名のとおり、無条件で自動的に適用される保険です。利用付帯は、一定の条件を満たす形でクレジットカードを「利用」することで適用される保険です。

 

利用付帯の旅行傷害保険が適用されるための条件は、旅行中に参加する募集型企画旅行の料金をカード払いにすることなど、クレジットカードによって異なります。

 

ご自身が保有しているクレジットカードの旅行傷害保険が利用付帯の場合、どうすれば適用条件を満たせるか、きちんと把握しておかなければなりません。

クレジットカード付帯の旅行傷害保険の手続きの流れ

カード付帯の旅行傷害保険の補償を受けるための手続きの流れは、どの補償に該当するかによって異なります。ここでは楽天カードに付帯している海外旅行傷害保険を例に挙げて、傷害治療費用、賠償責任、携行品損害それぞれのケースで、手続きの流れの一例を解説します。

 

傷害治療費用の場合、病院で治療を受けるのであれば医療費を立て替え、領収証書・診断書を入手して、帰国後に保険金請求を行いましょう。

 

緊急医療等に関するサポートが必要であれば楽天損保の緊急医療アシスタントサービスへ連絡し、自己負担額が生じた場合は帰国後に精算してください。

 

賠償責任の場合、緊急医療等に関するサポートが必要であれば傷害治療費用の場合と同様に、楽天損保の緊急医療アシスタントサービスへ連絡し、自己負担額が生じた場合は帰国後に精算してください。緊急医療等に関するサポートが必要でなければ、帰国後に保険金請求をするだけで問題ありません。

 

携行品損害の場合、警察に連絡をして事故証明などの必要書類を取得しましょう。

 

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険|楽天カード

クレジットカード付帯の旅行傷害保険に関する注意点

カード付帯の旅行傷害保険に関する注意点としては、「家族は補償対象外のことがある」「補償内容が十分でない場合がある」といったことが挙げられます。それぞれの注意点について、以下で詳しく解説します。

家族は補償対象外のことがある

カード付帯の旅行傷害保険の補償範囲に家族も含まれるかどうかは、クレジットカードによって異なります。付帯している保険だけで家族全員の旅行傷害保険をまかなおうとしている場合は、補償範囲をきちんと確認しなければなりません。

補償内容が十分でない場合がある

旅行傷害保険で補償される項目や金額は、クレジットカードによって異なります。長期旅行や遠方への旅行の場合、カード付帯の旅行傷害保険だけでは安心できない場合もあるでしょう。

 

ご自身が保有するクレジットカードに付帯する保険の内容を確認し、不十分だと感じる場合は保険会社が提供する保険への加入も検討してください。

旅行に行くときにはクレジットカード付帯の旅行傷害保険が便利

国内旅行や海外旅行に行く場合は、カード付帯の旅行傷害保険があると便利です。クレジットカードによって保険が適用される条件は異なるので、条件を満たすようにしておきましょう。

 

補償内容を事前に調べ、補償の範囲や保険金額が十分か確認しておくことも大切です。

なお、旅行に備えて保険が付帯するクレジットカードをお探しの場合は、楽天カードがおすすめです。

 

楽天カード楽天ゴールドカードには利用付帯(※1)の海外旅行傷害保険が、楽天プレミアムカードには自動付帯の国内・海外旅行傷害保険が付帯します(※2,3)。

 

それぞれ補償内容が異なるので、ご自身にあったカードを選んでお申し込みをご検討ください。

 

【年会費永年無料】楽天カードに申し込む
楽天ゴールドカードに申し込む
楽天プレミアムカードに申し込む

 

(※1)保険が有効となるには、日本を出国する以前に 『募集型企画旅行の料金』 に該当する代金を 利用条件のある楽天カード で支払っていることが条件になります。
(※2)保険の適用には一部利用条件等がございます。詳細はこちら
(※3)補償期間は日本出国日から3カ月後の午後 12 時までとなります。

 

※この記事は2023年9月時点の情報をもとに作成しております。

年会費無料でポイントが貯まる!楽天カード

楽天カード
  • 年会費が永年無料
  • 100円につき1ポイント貯まる
  • 安心のセキュリティ

※一部ポイント還元の対象外、または還元率が異なる場合がございます。ポイント還元について詳細を見る

このテーマに関する気になるポイント!

  • カード付帯の旅行傷害保険と保険会社の旅行傷害保険では何が異なる?

    カード付帯の旅行傷害保険はクレジットカードを保有していれば申し込み不要で適用されます(※4)。保険会社の旅行傷害保険は旅行に行くときに加入の申し込みを行う必要があります。

  • カード付帯の旅行傷害保険の適用条件は?

    クレジットカードにより異なります。自動的に補償対象になる「自動付帯」と条件を満たすことで補償対象になる「利用付帯」があるため、カード会社の公式サイトなどでご確認ください。

  • カード保有者の家族も旅行傷害保険の補償対象になる?

    クレジットカードによっては補償対象外の場合もあります。事前に補償対象の範囲を確認しましょう。

    (※4)適用には条件がある場合があります。

川上俊介
この記事を書いた人
川上俊介

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

不動産広告の営業マンを経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。 クレジットカードに関する知識を分かりやすく伝えることを目指しています。 私生活でもいろいろなクレジットカードを使い分けながら、自分にとって最適な使い方を模索中。毎月貯まっていくポイントを見ながらその使い方を考えるのが、ひそかな楽しみです。趣味はラーメンの食べ歩きです。




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/06/07~2024/06/11)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car