日用品の節約アイデア11選|節約アイテムで叶えるお得生活

リリース日:2022/05/16 更新日:2022/05/16
鈴村ひろみ
この記事を書いた人
鈴村ひろみ

「毎月大きな支出になってしまう日用品を節約したい」と考える人も多いのではないでしょうか。日用品は毎日使うものなので、賢く節約できると家計管理が楽になって貯金や投資にお金を回せるようになります。

日用品の節約アイデア11選|節約アイテムで叶えるお得生活

ここでは、キッチン・水回り・リビングでできる日用品の節約アイデアを11種類紹介します。ちょっとした工夫を取り入れるだけで大きく節約できるので、日用品を節約して貯金を増やしたい方はぜひ参考にしてみてください。

  1. 節約のための第一歩!日用品を節約できるとどう変わる?
  2. キッチンの日用品|節約に効くアイデア4選
  3. 水回りの日用品|節約に効くアイデア4選
  4. リビングの日用品|節約に効くアイデア3選
  5. 日用品を買う時の小さな工夫で大きく節約

節約のための第一歩!日用品を節約できるとどう変わる?

節約のための第一歩!日用品を節約できるとどう変わる?

毎日使う日用品を節約できるようになると、家計のやりくりがぐっと楽になって、浮いたお金を貯金や投資に回せるようになります。

 

しかし日用品は生活をするために必要なものばかりであり、それらを我慢するのは簡単なことではありません。

 

我慢するのは難しいですが、実は節約にはコツがあります。例えば、今使っている日用品を節約グッズに置き換えたり、日々の生活ですぐに試せるちょっとした節約術を積み重ねたりしていくだけで節約ができてしまうのです。ちょっとした工夫を続けていけば、家計は好循環で回り、浮いたお金を無理なく貯金や投資に回せるようになるでしょう。

キッチンの日用品|節約に効くアイデア4選

キッチンの日用品|節約に効くアイデア4選

まずはキッチンの日用品を節約するために効果的な4つのアイデアを紹介します。

 

1. 油汚れを事前に拭きとって食器用洗剤を節約
2. 牛乳パックをまな板代わりに使って節約
3. 冷蔵庫内の整理で食品ロスを防ぎつつ節約
4. 繰り返し使えるシリコンラップでラップ代を節約

 

キッチンでは日用品を節約しながら、ガス代や水道代を節約することも可能です。簡単な工夫でできるものばかりなのでぜひ参考にしてみてください。

 

1. 油汚れを事前に拭きとって食器用洗剤を節約
料理後のフライパンや食後の食器についた油汚れは、洗剤で洗う前に古布や新聞などで一度拭きとる前洗いをすることで食器用洗剤や水道代の節約につながります。

 

前洗いせずにそのまま洗おうとすると、必要以上の洗剤を使用してしまったり、水ではなくお湯で洗わなければ取れなかったり、なにかと無駄が発生してしまいます。古くなった薄手のTシャツやハンカチ、新聞紙などで洗う前にふき取りをするだけで油汚れも落としやすくなり、洗剤の消費量を減らすことが可能です。

 

古布や新聞紙は使いやすい大きさにカットして、キッチンにストックしておくと必要な時にすぐに取り出せて利便性が高まります。

 

2. 牛乳パックをまな板代わりに使って節約
飲み終わった牛乳パックを肉や魚を切るまな板代わりに使うと、まな板を洗う洗剤や水道代、そして手間を削減できます。

 

生肉や魚をまな板で切ると、雑菌やにおいが気になるため、使い終わったらしっかり洗って、熱湯消毒や台所用漂白剤等で除菌をしている方も多いのではないでしょうか。衛生面を保つために必要な工程ですが、洗剤や漂白剤のお金と清潔に保つ手間がかかってしまいます。そこで飲み終わった牛乳パックを洗ってストックしておき、まな板代わりに使いましょう。

 

お肉や魚を切った後は捨てるだけなので、洗い物の手間や洗剤・水道代の節約につながるうえに、まな板やスポンジの衛生面も保たれて長持ちします。

 

3. 冷蔵庫内の整理で食品ロスを防ぎつつ節約
食品がパンパンに詰まっている状態の冷蔵庫内をきれいにするだけでも食品ロスにつながり、無駄な買い物も減らせるでしょう。

 

冷蔵庫内が整理されていないと、何が入っているか把握しきれず、不要な食品まで買ってしまう可能性があります。食品保存容器や保存袋、100円均一の収納アイテムなどを有効活用して冷蔵庫内になにが入っているのか一目でわかるように整えましょう。そうすると買い物前に何が必要かを確認でき、買いすぎの防止、食費の節約につながります。

 

また、整理された冷蔵庫は空調が行き届きやすいため、少ない電力で適温を保てるメリットもあります。

 

4. 繰り返し使えるシリコンラップでラップ代を節約
食品の保存などには、洗って繰り返し使える節約アイテム「シリコンラップ」を取り入れましょう。環境に優しいうえにラップ代の節約にもつながります。

 

シリコンラップは密閉度が高い立体タイプや、伸縮性に優れた平面タイプなど、さまざまな種類があるため、用途に応じて使い分けましょう。最初の購入費用はかかるものの、長期的に見るとラップの購入頻度が減って経済的です。さらに通常のラップのようにプラスチックゴミを出さないため、環境にも配慮されています。

 

シリコンラップの購入時には耐熱温度や耐冷温度まで確認して選ぶと、広く活用できるでしょう。

水回りの日用品|節約に効くアイデア4選

水回りの日用品|節約に効くアイデア4選

ここからは、水回りの日用品を節約するために効果的な4つのアイデアを紹介します。

 

1. 輪ゴムでシャンプーの使いすぎを防止
2. お風呂は予防掃除で手間と掃除用品の節約
3.「洗たくマグちゃん」で洗剤代を節約
4.    節水シャワーヘッドで水道代を節約

 

水回りには、洗剤やシャンプーなどついつい使いすぎてしまう日用品が多くあります。無理なく使いすぎを防止して節約につなげましょう。

 

1. 輪ゴムでシャンプーの使いすぎを防止
輪ゴムをシャンプーやボディーソープのポンプの下部分に巻きつけておくと、無駄使いを阻止できます。ポンプ部分に輪ゴムがあるため、ポンプが下まで下がらずに出る量を減らすことができるのです。

 

シャンプーは男性やショートヘアーの女性には1プッシュが多すぎることもあります。さらに小さなお子さまがいる家庭では、たくさんポンプを押してシャンプーやボディーソープを使いすぎてしまうようなこともあるかもしれません。

 

ついつい使いすぎてしまうシャンプーやボディーソープは、輪ゴムを使って無理なく節約しましょう。

 

2. お風呂は予防掃除で手間と掃除用品の節約
お風呂は汚れてから掃除するのではなく、汚れる前のこまめな予防掃除で、掃除用品にかかるお金や手間を節約することができます

 

例えば、2カ月に1回「防カビくん煙材」を使うだけで、黒カビの元となる菌の繁殖を防ぐことができ、カビ取りなどの掃除用品の購入頻度を少なくできます。よりこまめな予防掃除としては、お風呂上りに「スクイージー」で水気をさっと取るだけでも、浴室内の湿気からくる菌の繁殖を防ぎ、清潔が保てるでしょう。

 

浴室掃除は汚れてからまとめてしようとすると、頑固なカビ汚れやぬめりが発生し、さまざまな掃除用品やブラシが必要になります。そうなる前の予防掃除で、掃除用品と掃除の手間を節約しましょう。

参照元:ライオン|ルックプラス おふろの防カビくん煙剤

3.「洗たくマグちゃん」で洗剤代を節約
マグネシウムを使った洗濯補助用品「洗たくマグちゃん」を、洗濯洗剤の代わりに使ったり併用したりすると、洗剤の量を減らせるため、エコで経済的です。

 

洗たくマグちゃんに含まれる高純度マグネシウムが、水道水を弱アルカリ性の水に変化させて洗濯します。

 

洗たくマグちゃんは界面活性剤、香料、蛍光増白剤、漂白剤が不使用です。

参照元:マグちゃんショップ | メーカー推奨 |洗たくマグちゃん 4個セット

4.節水シャワーヘッドで水道代を節約
現在使っているシャワーヘッドを、「節水シャワーヘッド」に交換するだけで節水効果が期待できます。

 

環境省の調べによると、通常の節水シャワーヘッドは節水効果が約35%、手元止水スイッチ付き節水シャワーヘッドなら節水効果が約48%期待できるとのこと。節水シャワーヘッドを購入するなら、手元のスイッチで止水操作できるタイプを購入するのがおすすめです。

 

最近では水圧を切り替えられたり美肌効果があったりと、さまざまな節水シャワーヘッドが販売されています。家族で納得して使えるものを選び、上手に節水しましょう。

うちもシャワーヘッド付け替えたわ!手元止水スイッチ付きのシャワーいいわよ!
参照元:環境省|節水型シャワーヘッドの導入

リビングの日用品|節約に効くアイデア3選

リビングの日用品|節約に効くアイデア3選

ここからは、リビングの日用品を節約するために効果的な3つのアイデアを紹介します。

 

1. 掃除は「ウタマロクリーナー」でまとめて節約
2. 着なくなった洋服でフローリング掃除
3.「ハーフサイズティッシュ」でティッシュ代を節約

 

最も過ごす時間が長いリビングは、日用品の消費量も多い場所です。アイテムを使いこなして上手に節約していきましょう。

 

1. 掃除は「ウタマロクリーナー」でまとめて節約
掃除は掃除用品を場所ごとに使い分けるのではなく、中性の「ウタマロクリーナー」で家中まとめて掃除をすることで掃除用品の節約になります。

 

ウタマロクリーナーはテーブルやアルミサッシ、窓ガラスといったリビングのあらゆる部分の掃除はもちろん、キッチンのコンロ回りや換気扇の頑固な油汚れなどにも効果的です。主洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分のため、手袋不要で使えます。

 

最近は掃除する箇所や用途ごとに特化したさまざまな掃除用品が販売されていますが、それらをすべて買いそろえようとすると大きな支出になり、管理も大変になるでしょう。掃除用品を買いそろえるよりも、家中手軽に使えるウタマロクリーナー1本を常備して、経済的に利用するのもおすすめです。

参照元:「ウタマロ石けん」公式サイト | ウタマロクリーナー

2. 着なくなった洋服でフローリング掃除
着なくなった洋服をフローリング掃除に使うウェットシートの代わりに使用すると、シートの購入費がかからず経済的です。

 

使い捨てタイプのフローリングモップに、カットした古着を取りつけて使いましょう。

 

小さくなったお子さまの服や薄手のTシャツなどは捨てずに掃除用にストックしておきましょう。

 

3.「ハーフサイズティッシュ」でティッシュ代を節約
そのままでは大きすぎてもったいなく感じてしまうティッシュペーパーは、半分に切って活用することで節約になります。

 

通常サイズのティッシュを購入し、箱から中身を取り出して半分に切るだけでハーフサイズティッシュが完成です。少量ならハサミで切れますが、まとめて切る時は包丁を使います。小さなお子さまがいる家庭など、ティッシュの消費量が多い場合にはピッタリです。

 

ハーフサイズティッシュは、楽天市場などに売っているコンパクトティッシュケースに収納すると見た目もおしゃれにまとまります。

日用品を買う時の小さな工夫で大きく節約

日用品を買う時の小さな工夫で大きく節約

この記事では、日用品の節約アイデアを紹介してきました。日用品は基本的には毎日使うものなので、賢く節約できると家計管理が楽になって浮いたお金を貯金や投資に回せます。

 

さらに日用品は、購入時に工夫をするとより効果的に節約が可能です。例えばその月に必要な日用品を、楽天カードを利用して楽天市場で購入すると多くの楽天ポイントが貯まります。各種キャンペーンの日を狙って購入するとよりお得に買い物をすることができます。この記事で紹介した商品は、楽天市場で購入できるものもあります。気になる商品があったら、ぜひ楽天市場をチェックしてみてください。

このテーマに関する気になるポイント!

  1. 日用品を節約するとどうなるの?
    毎日使う日用品を賢く節約できれば、浮いたお金を貯金や投資に充てられます。

  2. キッチンでできる日用品の節約アイデアは?
    一例として、繰り返し使えるシリコンラップを取り入れるとラップ代が節約できます。

  3. 水回りの日用品の節約アイデアは?
    例えば、衣類用洗剤の消費を減らすアイテムを利用することが効果的です。

  4. リビングの日用品の節約アイデアは?
    一例として、家中の掃除用品をウタマロクリーナーでひとつにまとめてしまうと掃除用品の節約になります。

  5. 日用品を買う時に気をつけることは?
    必要な日用品を、楽天カードを利用して楽天市場で買うとポイントが貯まってお得です。各種キャンペーンの日を狙って購入するとより効率的に楽天ポイントを貯められます。
  • 鈴村ひろみさん

    FP2級技能士|元保育士
    金融分野を中心に執筆しているWebライター。 保育士時代に多くのワーキングママと関わる中、お金の問題の重大さを痛感しました。 お金の悩みに深く寄り添える記事を執筆します。

この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加
Twitter追加
この記事をシェアする

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

  • マネ活ラッキーくじ
  • 今週のマネー運占い
  • マネ活アンケート
  • お金のギモンをFPがわかりやすく回答!
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • メールマガジンの配信はこちら
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天ビューティ
  • 楽天占い
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ