2泊3日の国内旅行の予算の平均は?費用の内訳や予算を抑える方法について解説

リリース日:2023/12/27 更新日:2023/12/27

ここでは、2泊3日の国内旅行の平均的な予算や予算を抑える方法、2泊3日での国内旅行でおすすめのエリアなどを説明します。2泊3日の国内旅行にかかる費用感を把握し、旅行の予定を組むときの参考にしてください。

  1. 2泊3日の国内旅行の平均予算
  2. 2泊3日の国内旅行の予算を抑える方法
  3. 2泊3日の国内旅行のおすすめエリア
  4. 2泊3日の旅行でも工夫次第で出費は抑えられる

2泊3日の国内旅行の平均予算

旅行する場合は、宿泊費や交通費、食費、旅行先での観光やアクティビティの費用、お土産を購入するための費用などが必要になることがあります。観光庁の「旅行・観光消費動向調査2021年年間値(確報)」によると、日本人国内旅行の1人1回当たり旅行支出は、宿泊旅行が5万6,240 円、日帰り旅行が1万7,251 円です。

 

宿泊旅行の平均宿泊数が2.43泊であることから、上記の宿泊旅行の費用(5万6,240円)がおおよそ2泊3日の国内旅行にかかる平均的な費用といえます。

2泊3日の国内旅行の予算を抑える方法

2泊3日の国内旅行の予算を抑える方法としては、主に以下が挙げられます。

 

  • 2泊のうち1泊の宿泊費はリーズナブルに済ませる
  • オフシーズンを狙う
  • 移動手段や宿泊場所はなるべく早く予約する

それぞれの方法について、詳しく説明します。

2泊のうち1泊の宿泊費はリーズナブルに済ませる

旅館やホテルでのんびりする時間は、旅行の醍醐味です。しかし、2泊3日の旅行の場合、2泊とも良い旅館やホテルに泊まると当然宿泊費は高くなります。

 

2泊のうちどちらか1泊は少し費用を抑えた旅館やホテルを利用することで、宿泊費を節約することが可能です。

オフシーズンを狙う

桜の名所なら春、避暑地なら夏などのように、観光地によっては人が集まりやすい季節が決まっていることもあります。そういったいわゆる「ハイシーズン」は、宿泊費や交通費などが総じて高めに設定されていることがあるため、旅行に必要な費用も高くなる傾向があります。

 

ハイシーズンにはハイシーズンの良さがもちろんありますが、旅行費用を抑えることを考えるのであれば、混雑していないオフシーズンを狙うのも1つの方法といえます。

移動手段や宿泊場所はなるべく早く予約する

旅行する場合、飛行機や新幹線などの交通手段やホテルや旅館などの宿泊先をあらかじめ予約をする方が多いでしょう。

 

予約が必要な場合、早めに予約を行うことで料金が差し引かれる「早割」を利用できることがあります。旅行に行く日が決まっている場合は、なるべく早めに予約を済ませることで旅行費用を効率的に抑えられるかもしれません。

2泊3日の国内旅行のおすすめエリア

2泊3日で国内旅行を楽しむ場合のおすすめエリアとしては、主に以下のようなところが挙げられます。

 

  • 北海道
  • 東京
  • 大阪
  • 京都
  • 沖縄

北海道は都道府県魅力度ランキングで1位の座を守り続けていることからもわかるように、グルメ・レジャー・観光スポットなどが充実しています。函館や小樽で新鮮な海の幸を楽しむ、富良野や釧路で雄大な自然を満喫する、などのさまざまな楽しみ方が可能です。

東京には国内外の美味しい食材が集まり、テレビで紹介されるような店舗も数多くあります。また、浅草などの昔ながらの下町も現存しているので、流行の最先端に触れるだけでなく、古き良き日本の風情を感じることも可能です。

 

「天下の台所」である大阪では、たこ焼きやお好み焼きを中心とした粉もんを思う存分楽しむことができます。観光地自体も全体的にコンパクトにまとまっているので、2泊3日であればあらゆる観光地などに足を運べるのも魅力です。

 

京都では御所や平安神宮・金閣寺などをはじめとした、寺社仏閣めぐりをするのが定番の楽しみ方です。葵祭・祇園祭・時代祭の「京都三大祭り」の時期に合わせて旅行に行けば、山鉾巡行や時代風俗行列なども見られます。

 

マリンアクティビティを楽しみたい場合は、沖縄がおすすめです。沖縄ではスキューバダイビングやシュノーケリング・SUPなど、さまざまなマリンスポーツを体験できます。久米島や阿嘉島といった沖縄本島から日帰りで行ける島もあるので、手付かずの自然を楽しみたい方は離島まで足を伸ばすのも良いでしょう。

2泊3日の旅行でも工夫次第で出費は抑えられる

国内旅行する場合、当然のことですが1泊2日の旅行に比べて2泊3日の旅行のほうが費用はかかります。少しでも費用を抑えたい場合は、宿泊先を1泊目と2泊目で変える、早割を利用するなどの工夫をすることで費用をある程度抑えることができるかもしれません。

 

国内旅行に行く前に予算計画を立てる方も多いと思いますが、旅行費用をカード払いに集約することで事前に想定していた予算の範囲内で収まっているかなどを確認しやすくなったり、クレジットカードによっては支払いごとにポイントを貯められたりするでしょう。

国内旅行に向けてクレジットカードの申し込みをお考えの方には、楽天カードがおすすめです。楽天トラベルでホテルなどの予約を行うことでポイントを貯めることができ、割引クーポン(※1)を利用するとお得に予約できます。

 

また、楽天カードは年会費永年無料で利用できるほか、基本のポイント還元率が1%(※2)などのメリットを備えています。ぜひ楽天カードを検討してみてはいかがでしょうか。

 

【年会費永年無料】楽天カードに申し込む

 

(※1)配布枚数、利用条件等限りがあります。詳しくはこちら
(※2)一部ポイント還元の対象外、もしくは、還元率が異なる場合がございます。詳細はこちら

 

※この記事は2023年12月時点の情報をもとに作成しております。

年会費無料でポイントが貯まる!楽天カード

楽天カード
  • 年会費が永年無料
  • 100円につき1ポイント貯まる
  • 安心のセキュリティ

※一部ポイント還元の対象外、または還元率が異なる場合がございます。ポイント還元について詳細を見る

このテーマに関する気になるポイント!

  • 2泊3日の旅行ではどのような費用が必要になる?

    宿泊費や交通費、食費、旅行先での観光やアクティビティの費用、お土産を購入するための費用などが主に必要です。

  • 2泊3日の旅行の出費を抑えるにはどうすれば良い?

    オフシーズンに旅行する、「早割」を利用してお得に予約をするなどの工夫をすることで旅費を抑えられることがあります。

  • 旅費は現金支払いとカード払いのどちらがおすすめ?

    カード払いにすることでまとまったポイントを獲得できる場合があるので、カード払いがおすすめです。

川上俊介
この記事を書いた人
川上俊介

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

不動産広告の営業マンを経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。 クレジットカードに関する知識を分かりやすく伝えることを目指しています。 私生活でもいろいろなクレジットカードを使い分けながら、自分にとって最適な使い方を模索中。毎月貯まっていくポイントを見ながらその使い方を考えるのが、ひそかな楽しみです。趣味はラーメンの食べ歩きです。

LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/05/16~2024/05/20)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car