家計の管理や見直しなど、貯金を増やすためにすぐできる工夫を紹介

リリース日:2021/01/27 更新日:2021/01/27

この記事では、家計を見直す時にチェックしたいポイントを紹介します。月々の負担を減らすコツは、通信費や生命保険料などの固定費を見直すことです。それぞれのプランの見直しをする際の考え方なども解説します。

家計の管理や見直しなど、貯金を増やすためにすぐできる工夫を紹介
  1. まずは現状を知るところから始めよう
  2. 家計を見直す場合のチェックポイントと心掛け
  3. 楽天のマネーサポートで資産を一元管理!

まずは現状を知るところから始めよう

まずは現状を知るところから始めよう

家計を見直すためには、まず今現在のお金の使い方を把握することが大切です。

 

収入がしっかりあるのに、なぜかお金が貯まらないとしたら、どこかに理由があるはず。その理由を突き止めないまま、がむしゃらに何でもかんでも節約しようとしても長続きしませんし、大した効果は見込めません。

 

現状を把握するには家計簿を付けるのが最も効果的です。家計簿付けに慣れていない場合は、ひとまず銀行口座やクレジットカードの明細を確認し、固定費がいくらかかっているのかだけでもチェックしてみましょう。月の支出を大まかにつかむ手がかりになります。

 

また最近では「マネーフォワードME」や「Zaim」といった家計簿アプリを使えば、銀行やクレジットカードの取引明細を自動で取り込んで家計簿化してくれます。自動化できるところは機械に任せてしまえば家計管理がグッと楽になりますので、こういったアプリやサービスを上手に活用しましょう。

参照元:Zaim

家計を見直す場合のチェックポイントと心掛け

ここからは家計を見直す際のチェックポイントをいくつか紹介します。特に月々の支払いとなる通信費や生命保険料などの固定費を見直すと、年間数万円単位の節約になる場合もありますので積極的に取り組んでみましょう。

給与所得控除とは?

控除には、給与所得控除以外にも様々な種類があります。その中でも特にサラリーマンに馴染みの深い控除が基礎控除と配偶者控除です。

 

基礎控除とは、国民のほぼすべての人が対象となる控除で、合計所得が2,400万円以下の人は、一律48万円が控除できるというものです。

・プランの見直しや格安スマホへの変更で通信費を節約!

 

携帯電話やスマホの料金プランを、加入したときのまま変えていないという方は多いでしょう。しかしスマホの料金プランは日々変化し、どのキャリアも数年ごとに新しいプランを続々と開発しています。今のプランが自分の利用実態よりもオーバースペックになっているのであれば、より適したプランに変更することで通信費を下げることができます。

 

使っていない有料オプションサービスなどを解約するのも大切です。こういったオプションは月々の支払いは小さくとも、積み重なると大きな浪費になっている場合があります。

 

また、大手携帯会社の回線や機能にこだわらないのであれば、格安スマホに換えてしまうのもひとつの手段です。毎月数千円のコストダウンになりますので、年間で考えればかなり大きな節約効果が見込めます。

 

・生命保険は必要なものだけを厳選して
月々の生命保険料も、家計を圧迫する原因となりやすいもののひとつです。すすめられるがまま保険に加入していった結果、気が付いたら保障内容をよくわかっていないまま保険料を支払い続けている、という方も多いかもしれません。

 

生命保険を見直すポイントは、「もし保険をかけている人に何かあったとき、誰がどのくらい困るのか?」と考えることです。

 

たとえば配偶者や子供を養っている一家の大黒柱の方であれば、自分に万が一のことがあっては残された家族が生活できなくなるので保険に加入しておく、というのが一般的です。

 

一方で、扶養や仕送りをしている家族が特におらず、一人暮らしをしている方ならどうでしょうか?万が一のことがあってもさほど金銭的に困る人がいないのであれば、高額な生命保険は必要ないかもしれません。

 

保険というのは、不測の事態にあったときに貯蓄だけでは賄えない部分を補うために利用するのが基本です。保険金が大きければ大きいほどより安心というわけではありませんので、必要のない保険は解約して保険料の負担を軽くしましょう。

 

・今すぐ始められるのは外食費の管理

 

食費や被服費といった変動費の見直しは、正直節約の効果としては固定費の見直しほど大きくありません。しかし店舗での相談や手続きが必要な固定費と違い、やろうと思えば今すぐに始められるのがポイントです。特に外食費の見直しは、初心者でも把握がしやすく、比較的手を付けやすい節約といえます。

 

自分がどういったときにどんなお店を利用しやすいのか、一度振り返ってみましょう。飲食店の利用だけでなく、仕事の合間のコーヒー代や帰宅時に立ち寄るコンビニでの買い物なども、積み重なれば意外と大きな出費になっている可能性があります。

 

ただし、単純に外食をすべて我慢すれば良いというわけではありません。食に関する支出は生活習慣や仕事のスタイルが特に大きく関係していますので、むやみに外食を減らすことは逆にストレスにつながってしまいます。必ず無理のない範囲で取り組みましょう。

 

・自分が失敗しやすい傾向をつかむ
「期間限定という言葉につられがち」「セールを見かけると、つい無駄なものまで買ってしまう」など、買い物をするときの自分のクセについて考えてみたことはあるでしょうか?

 

こういった自分のクセに気付き、失敗しやすい傾向をつかむことも大切です。自分のクセに気が付いたら、次に買い物をするときには「本当にそれを使っている自分がイメージできるか?」「家に似たようなものはないか?」と、少し冷静になって考える時間をとりましょう。ワンクッション置くことで、衝動買いしてしまう頻度を抑えられます。

 

せっかく買ったものを結局余らせて捨ててしまった、という事態になるのが一番もったいないことです。無駄な出費をしないように、ブレーキをかける練習をしていきましょう。

楽天のマネーサポートで資産を一元管理!

楽天銀行の「マネーサポート」は、自分の資産を一元管理するのに役立つツールです。複数の銀行口座の残高や各社ポイントの残高をリアルタイムで自動取得し、1つの画面に一覧表示します。グラフ付きなので一目見てわかりやすく、今いくらお金が残っているのかパッと確認できて便利です。

 

資産の増減情報をメールでお知らせする機能など、家計管理をラクに済ませたい人におすすめの機能が豊富に取り揃えられています。

 

マネーサポート楽天銀行の口座を持っている方なら無料で利用できます。家計の見直しを考えている方は、合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

miso
この記事を書いた人
ファイナンシャル・プランナー(2級FP技能士)
miso

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

演奏家、ライター、FPとして活動する複業フリーランス。 お金の管理や記録が好きで、独学で簿記3級、FP2級を取得しました。 特に確定申告や税金分野への関心が高いです。お金にまつわる様々な制度や仕組みについてわかりやすく解説します。

この記事をチェックした人にはコチラ!




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/06/07~2024/06/11)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car