何かが起こる前に入っておこう!手軽で安心のスポーツ保険をご紹介

リリース日:2019/10/01 更新日:2020/07/27

スポーツをするときは、不慮の事故やケガが起こりやすいものです。スポーツ保険は、このような事故に備える保険です。長期間の保険や団体で加入する保険のほか、1日だけ加入できるものなどもあるので、用途に応じて選択しましょう。

何かが起こる前に入っておこう!手軽で安心のスポーツ保険をご紹介
  1. スポーツ保険とは
  2. スポーツ保険の種類
  3. スポーツ保険を選ぶポイント
  4. おすすめのスポーツ保険

スポーツ保険とは

スポーツ保険とは

スポーツ保険は、その名の通りスポーツ時の不慮の事故によってケガをした場合や、死亡してしまったときに保険金を受け取ることができるものです。

 

ただし、「スポーツ保険」という名前がついてはいるものの、スポーツ中のケガなら何でも補償されるというわけではありません。細かい規約はそれぞれの保険によって異なりますが、多くの場合、プロのサッカー選手や野球選手など、スポーツを生業にしている人は、一般的なスポーツ保険でケガの補償を受けることはできません。

 

また、スポーツを継続して行うことによって起こるテニス肘などのトラブルについても、スポーツ保険の対象外となるのがほとんどです。多くの場合、スポーツ保険が対象にするのは、「スポーツを行う際に偶発的に起こった事故によるケガや死亡」です。

 

【対象になる例】

・ランニング中に転倒し、足をひねって通院した
・剣道の大会に行く途中で交通事故に遭い入院した
・テニス中、ボールを通行人にあててしまってケガをさせた(賠償責任保険がついている場合のみ)
・試合中に野球のバットが折れてしまった(携行品損害保険がついている場合のみ)

 

【対象にならない例】

・ハイキングに行ったあと腰痛になってマッサージを受けた(通院なし)
・部活でスポーツを行っている子どもの成長痛
・登山中に地震が起こって転倒した

 

多くのスポーツ保険では、上記のような内容になっています。地震などの天災による災害は対象外になる場合が多いことと、医師の診断がなければ保険金は支払われないことを覚えておきましょう。

スポーツ保険の種類

スポーツ保険の種類

スポーツ保険は、個人で加入する保険と団体で加入する保険の2種類に大別できます。個人で加入する保険については、それぞれの保険会社が保険商品を用意していて、補償内容の充実度や加入期間に応じた保険料が設定されています。

 

一方、団体で加入する保険についてもいくつか種類がありますが、もっともメジャーなのは公益財団法人スポーツ安全協会の「スポーツ安全保険」です。スポーツ安全保険は、4人以上の団体が活動するときに加入できる保険で、「スポーツ」という名前がついてはいるものの、ボランティア活動や楽器演奏、料理など幅広い活動をカバーしています。

 

スポーツ安全保険では、団体活動中のケガや団体活動の往復中のケガ、また、熱中症、ウイルス性・細菌性の食中毒なども補償の対象となっています。団体活動を行う際は、安心のためにも保険加入を検討しましょう。

 

団体で加入する保険と個人で加入する保険のどちらを選ぶのかは、自分が行おうとしている活動が個人的なものなのか、団体で行うものなのかによって決まるでしょう。複数人で行うのであれば、それぞれの人がばらばらに保険に加入するよりも、団体で一括して加入した方が補償内容のばらつきなどを防げます。

 

なお、掛け金は活動の内容と活動する人の年齢によって決まります。加入者ごとに区分を確認して加入しましょう。支払われる保険金額も同様で、危険な活動に対しては保険料が高く、支払われる保険金が少なく設定されています。

スポーツ保険を選ぶポイント

個人でスポーツ保険に加入する場合は、1日だけの短期間なのか、それとも1年や1カ月といった長期的にスポーツを行うのかによって選ぶべき保険が変わります。また、スポーツ保険という名前であっても、スポーツに限らず、日常的な事故全般を補償してくれるものもあるので、希望する用途に合わせて選びましょう。

 

団体保険の場合は、このような選択肢があまりないため、単純に活動内容と区分から加入区分を選択して加入することになります。

おすすめのスポーツ保険

おすすめのスポーツ保険

継続してスポーツをしている人はもちろんですが、登山やゴルフなど、1日だけのレジャーとしてスポーツを楽しむ際も、スポーツ保険に入っておくと安心です。個人で加入できる保険には、手軽に利用できる1日タイプのスポーツ保険が多数あるので、万一のケガに備えるために加入しておくといいでしょう。

 

楽天損保では、1日200円からという非常にリーズナブルな保険料で、死亡、後遺障害、入院、手術、個人賠償、救援・捜索に備えることができる1DAYタイプのスポーツ保険に加入できます。スポーツ保険という名前ですが、スポーツに限らず、出かけてから家に帰るまでの間に起こった事故による損害をすべてカバーしてくれるので、安心してレジャーに出かけられます。

 

長期で加入する場合も、本人型なら月額340円から。スポーツ中やトレーニング中の事故だけでなく、日常生活の事故全般で保険金が支払われます。夫婦型や家族型など、「団体ではないけれどファミリーで楽しみたい」という人がお得に加入できる制度もあるので、無駄なくトラブルに備えることができますよ!

平林恵子
この記事を書いた人
ファイナンシャル・プランナー
平林恵子

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

人事労務関係の仕事からライターへ転身。経験を活かしてコラム執筆を行っています。2017年、見識を深めるためにFPの資格を取得しました。税金や給与計算などに詳しくない方にもわかりやすい解説を心がけています。

この記事をチェックした人にはコチラ!




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/06/18~2024/06/22)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car