一人暮らしの食費は平均いくら?安く抑えるための節約術を紹介!

リリース日:2023/08/14 更新日:2023/08/14

ここでは、一人暮らしの食費は平均いくらくらいか、食費を抑えるためにまずやるべきことや食費の節約術などについて説明します。今一人暮らしをしている方やこれから一人暮らしをする予定の方は、ぜひ参考にしてください。

  1. 一人暮らしの食費の平均金額
  2. 食費を安く抑えるためにまずやるべきこと
  3. 食費の節約術4選
  4. クレジットカードも活用しながら食費を賢く節約しよう

一人暮らしの食費の平均金額

一人暮らしの食費の平均は、年齢や性別によって異なります。総務省の家計調査のデータを参考に、単身世帯の1カ月の平均的な食費を、年齢や性別ごとに表にまとめました。

上表の金額とご自身の1カ月の食費を照らしあわせれば、食費としての支出が多すぎるかどうかがおおまかに判断できます。

食費を安く抑えるためにまずやるべきこと

食費を安く抑えるためにまずやるべきこととしては、「家計簿をつけて毎月の食費を把握する」「食費の予算を決める」といったことが主に挙げられます。それぞれについて、以下で詳しく説明します。

家計簿をつけて毎月の食費を把握する

毎月の食費を把握することは、食費を抑えるための第一歩です。そのためには、家計簿をつけて食費を管理する必要があります。

 

実際に食費の金額を理解することで、時期ごとの傾向や無駄な出費がないかなどを確認でき、節約意識を高めることができます。

食費の予算を決める

食費の予算を決め、毎月その金額の範囲内でやりくりするように努力することも重要です。どれくらいの予算に抑えるべきかがわからなければ、上述した総務省の家計調査のようなデータも参考にしましょう。

 

食費をいきなり減らすのが難しい場合は、段階を踏んで徐々に減らすなどの工夫をしましょう。

食費の節約術4選

食費を節約するためのポイントはいろいろとあり、人によって取り組みやすいことは異なります。食費の節約術としては、主に以下のようなことが挙げられます。

 

  • なるべく自炊をする
  • 外食の予算を決めておく
  • 安い店舗で食材を買う
  • 買うものを決めてからお買い物に行く

それぞれの節約術について、詳しく説明します。

なるべく自炊をする

一般的に外食と比べて、自炊のほうが食費を抑えることができます。

 

しかし、これまでほとんど外食ばかりの人がいきなり自炊をするのは難しいかもしれません。最初は週1回自炊、慣れてきたら週2回自炊といったように、少しずつ慣らしていきましょう。

外食の予算を決めておく

食費の予算を決めるだけでなく、その中で外食の予算を決めておくことも重要です。

 

外食の予算を決めておけば、週何回程度まで外食できるかも自ずと決まるほか、1回あたりの食費を抑える意識も高まります。こちらもいきなり制限せず、段階を踏んで少しずつ減らしていきましょう。

安い店舗で食材を買う

自炊するためにはスーパーなどで食材を購入する必要がありますが、特売やセールなどもあり、食材の値段が店舗によって異なります。事前にWebチラシなどで値段を確認することで、より安い店舗で購入できる場合があります。

 

しかし、安価という理由で遠くのスーパーまで出向くのは非効率なこともあるので、無理のない範囲にとどめるようにしましょう。

買うものを決めてからお買い物に行く

スーパーに行ってから食材を見て料理を考えていると、買った食材を大量に余らせてしまう場合もあります。事前に献立を考えてからスーパーにお買い物に行くことで、無駄なく食材を購入できるので食費を減らすことができます。

 

事前に献立を考えることは、余りものをうまく調理するスキルを身に付けることにもつながるかもしれません。

年会費無料でポイントが貯まる!楽天カード

楽天カード
  • 年会費が永年無料
  • 100円につき1ポイント貯まる
  • 安心のセキュリティ

※一部ポイント還元の対象外、または還元率が異なる場合がございます。ポイント還元について詳細を見る

クレジットカードも活用しながら食費を賢く節約しよう

一人暮らしの平均的な食費は年齢や性別によって異なりますが、全体的な平均は1カ月4万円程度です。ご自身の1カ月の食費がそれ以上の金額になっている場合は、食費の節約を意識しましょう。食費を節約するためには、なるべく自炊することや安い店舗で食材を購入することなどが重要です。

 

最近ではスーパーやコンビニ、飲食店などでもカード払いに対応している場合があります。そのため、食材の購入や外食いった食費の支払いは、クレジットカードで行うのがおすすめです。

 カード払いで貯まったポイントは、クレジットカードの利用金額に充当できる場合があるので節約につながります。

カード払いをすることで支出の管理を行いやすくなるほか、ポイントが貯まる場合もあります。貯まったポイントはクレジットカードの利用金額に充当できることもあるので、節約につながりやすくなります。

 

 これからクレジットカードを申し込みする方におすすめなのは、楽天カードです。年会費永年無料なので維持費がかからないほか、基本のポイント還元率が1%(※)などのメリットもあります。

 

また、楽天カードでは、楽天カードアプリの家計簿機能も利用できます。家計簿機能を活用することで、家計の管理をより楽に行えるようになります。食費の支払い以外の場面でも活躍してくれるクレジットカードのため、ぜひお申し込みをご検討ください。

 

【年会費永年無料】楽天カード


(※)一部ポイント還元の対象外、もしくは、還元率が異なる場合がございます。詳細はこちら
※この記事は2023年7月時点の情報をもとに作成しております。

このテーマに関する気になるポイント!

  • 一人暮らしの平均的な食費は1カ月どれくらい?

    年齢や性別によって異なりますが、全体的な平均は1カ月40,000円程度です。

  • 食費を節約するためのポイントは?

    なるべく自炊をする、外食の予算を決めておく、安い店舗で食材を買う、買うものを決めてからお買い物に行くなどが、ポイントとして挙げられます。

  • これまで外食ばかりでいきなり自炊を始めるのが難しい場合はどうすれば良い?

    まずは月2~3回自炊をするところから始め、慣れてきたら少しずつ頻度を上げましょう。

川上俊介
この記事を書いた人
川上俊介

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

不動産広告の営業マンを経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。 クレジットカードに関する知識を分かりやすく伝えることを目指しています。 私生活でもいろいろなクレジットカードを使い分けながら、自分にとって最適な使い方を模索中。毎月貯まっていくポイントを見ながらその使い方を考えるのが、ひそかな楽しみです。趣味はラーメンの食べ歩きです。




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/06/18~2024/06/22)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car