年会費の安いゴールドカードはある?保有のメリットや注意点、選び方を徹底解説!

リリース日:2023/06/26 更新日:2023/11/28

ここでは、ゴールドカードの年会費の相場や、年会費の安いゴールドカードを保有するときの注意点、選ぶときのポイントなどを説明します。年会費の安いゴールドカードが気になっている方は、ご自身にあったカード選びの参考にしてください。

  1. ゴールドカードの年会費の相場
  2. 年会費の安いゴールドカードを保有するメリット
  3. 年会費の安いゴールドカードを保有するときの注意点
  4. 年会費の安いゴールドカードを選ぶときのポイント
  5. 年会費の安いゴールドカードにも魅力がたくさん

※2023年12月1日(金)より、年会費有料の楽天カードに関するサービス内容は一部変更となりました。詳しくはこちらよりご確認ください。

ゴールドカードの年会費の相場

ゴールドカードの年会費は各カード会社やゴールドカードの種類によって異なりますが、相場はおおよそ2,000~20,000円程度です。

 

具体的な例として、楽天カードが取り扱っているゴールドカード「楽天ゴールドカード」と「楽天プレミアムカード」の年会費は、それぞれ以下のとおりです。

 

  • 楽天ゴールドカード:2,200円(税込み)
  • 楽天プレミアムカード:11,000円(税込み)

ゴールドカードのおおよその年会費を把握しておくことは、ゴールドカードの比較を行うために重要です。

年会費の安いゴールドカードを保有するメリット

年会費の安いゴールドカードを保有するメリットには、主に以下の2つが挙げられます。

 

  • 安い維持費でゴールドカードを利用できる
  • コストパフォーマンスが良い

それぞれのメリットについて、以下で詳しく説明します。

安い維持費でゴールドカードを利用できる

ゴールドカードは一般カードよりもワンランク上のクレジットカードなので、年会費は一般カードよりも高いことがあります。しかし年会費の安いゴールドカードであれば、一般カードとあまり変わらない年会費で利用できる場合もあります。

 

毎年発生する維持費をさほど気にすることなく利用できるのは、年会費の安いゴールドカードの大きなメリットといえます。

コストパフォーマンスが良い

年会費が安くてもゴールドカードであることは間違いないので、付帯しているサービスは一般カードよりも充実していることがあります。ゴールドカードとしての優れたサービスの恩恵を比較的安い年会費で受けられるため、コストパフォーマンスが良いといえます。

 

必要なサービスを絞ってゴールドカードを探すことで、ご自身にとって理想的なゴールドカードに出合える可能性が高くなるかもしれません。

年会費の安いゴールドカードを保有するときの注意点

年会費の安いゴールドカードは、年会費が高いゴールドカードに比べて付帯サービスが少なかったり、制限が設けられていたりすることがあります。そのため、年会費の安いゴールドカードは付帯サービスなどが不十分と感じる可能性があるかもしれません。

 

例えば、空港のラウンジ利用に回数制限が設けられていたり、旅行傷害保険の補償金額が抑えられていたりする場合もあります。

 

ゴールドカードに付帯しているサービスの内容をきちんと把握したうえで、申し込みましょう。

年会費の安いゴールドカードを選ぶときのポイント

年会費の安いゴールドカードを選ぶにあたっては、以下のような点を意識して選ぶのがおすすめです。

 

  • 使いやすいサービスが付帯しているものを選ぶ
  • 還元率がアップするシチュエーションで使いやすいものを選ぶ
  • 貯めたポイントの使い道で選ぶ

それぞれについて、詳しく説明します。

使いやすいサービスが付帯しているものを選ぶ

付帯しているサービスをいかに使いこなせるかによって、ゴールドカードの便利さは大きく変わります。利用する機会が多い店舗での優待など、普段の生活で使いやすいサービスが付帯しているものを選ぶことが重要です。

 

例えば、よく旅行に行かれる方は国内外の空港のラウンジを無料で使えるゴールドカード、プライベートや出張などでホテルに泊まる機会が多い方は、ホテルの部屋をグレードアップできるゴールドカードを選ぶなど、ご自身のライフスタイルにあわせて選ぶのがおすすめです。

還元率がアップするシチュエーションで使いやすいものを選ぶ

クレジットカードの中には、「オンラインショッピングで利用すると還元率アップ」「対象の店舗で利用すると還元率アップ」など、特定のシチュエーションで利用することで還元率が上がるものもあります。

 

元の還元率も重要ですが、還元率が上がってお得になるシチュエーションで使いやすいかどうかも大切です。普段の生活の中で、自然と還元率がアップした状態で使えるゴールドカードを選びましょう。

貯めたポイントの使い道で選ぶ

貯めたポイントの活用方法は各カード会社によって異なり、商品やマイル、提携ポイントとの交換、ポイント運用への活用などさまざまです。

 

どのようなポイントの使い道があるかを踏まえてゴールドカードを選ぶことで、貯めたポイントを無駄にしにくくなります。

年会費の安いゴールドカードにも魅力がたくさん

ゴールドカードの中には、年会費が比較的安いものもいくつかあります。年会費と付帯サービスのバランスを考慮して、ご自身にあったものを選びましょう。

年会費の安いゴールドカードをお探しの場合は、楽天ゴールドカードをご検討ください(※)。

 

年会費が数万円かかるカードもある中で、楽天ゴールドカードは年会費2,200円(税込み)と比較的申し込みやすい価格のため、手頃な年会費のゴールドカードをお求めの方におすすめです。

 

なお、より充実したサービスを希望される方は、「楽天プレミアムカード」もおすすめです。

 

楽天プレミアムカードは年会費11,000円(税込み)ですが、楽天ゴールドカードにはないサービスも付帯しています。

 

例えば、無料で申し込める「プライオリティ・パス」を申し込むと、多くの海外空港ラウンジを利用できます。海外旅行に行くことが多いなど、付帯されているサービスのメリットを受ける機会が多い方であれば年会費以上の価値を感じられるかもしれません。

 

ほかにも、お誕生月に楽天市場・楽天ブックスで楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを利用するとポイントが多く進呈される優待サービスなども用意されています。

 

ぜひ楽天カードのゴールドカード、または楽天プレミアムカードの申し込みをご検討ください。

 

楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード

 

(※)カード発行には所定の審査がございます。

 

※この記事は2023年6月時点の情報をもとに作成しております。

このテーマに関する気になるポイント!

  • ゴールドカードの年会費はどのくらい?

    ゴールドカードの年会費はカード会社やゴールドカードの種類によって異なりますが、相場は2,000~20,000円程度です。

  • 年会費が安いゴールドカードを保有するメリットは?

    維持費をさほど気にすることなく利用できることや、コストパフォーマンスに優れていることなどが挙げられます。

  • 年会費が安いゴールドカードを選ぶときのポイントは?

    使いやすいサービスを付帯しているものや、還元率がアップするシチュエーションで利用しやすいものを選びましょう。

川上俊介
この記事を書いた人
川上俊介

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

不動産広告の営業マンを経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。 クレジットカードに関する知識を分かりやすく伝えることを目指しています。 私生活でもいろいろなクレジットカードを使い分けながら、自分にとって最適な使い方を模索中。毎月貯まっていくポイントを見ながらその使い方を考えるのが、ひそかな楽しみです。趣味はラーメンの食べ歩きです。




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/06/07~2024/06/11)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car