初めてクレジットカードを作る際の選び方を解説|目的別のおすすめも

リリース日:2022/07/07 更新日:2022/07/14

初めてクレジットカードを作る際、たくさんの種類の中からどのように選べばよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。クレジットカードの選び方にはいくつかのポイントがあります。

ここでは、初めてクレジットカードを作る人にもわかりやすいように、クレジットカードの具体的な機能や申し込みに必要なものを解説するとともに、目的別におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

年会費無料でポイントが貯まる!楽天カード

楽天カード
  • 年会費が永年無料
  • 100円につき1ポイント貯まる
  • 安心のセキュリティ

※一部ポイント還元の対象外、または還元率が異なる場合がございます。ポイント還元について詳細を見る

  1. 初めてのクレジットカードを作るタイミング
  2. クレジットカードに付いてくる機能とは
  3. クレジットカードを作るのに必要なもの
  4. 目的別おすすめクレジットカード7選
  5. クレジットカードの利用で注意すべきこと
  6. 初めてのクレジットカードは年会費無料でポイント還元率の高いものがおすすめ

初めてのクレジットカードを作るタイミング

初めてのクレジットカードを作るタイミング

クレジットカードの申し込み条件は、一般的に「高校生を除く18歳以上の人」であることが多いため、高校を卒業した時点で申し込むことが可能です。

 

高校卒業後、ひとり暮らしをする場合に、家賃や公共料金の支払いなどをクレジットカードからの引き落としにすることもあるでしょう。また、ネットショッピングなどの支払いでカード払いを利用することも多くなるかと思います。

 

しかし、初めてクレジットカードを作ったのは新社会人になってからという人も少なくありません。就職して収入を得られるようになってから、自分にあったクレジットカードを選び、さまざまなシーンで活用するというパターンです。

 

このように、多くの人が大学生や新社会人になったタイミングで、クレジットカードの便利さや必要性に気づいて最初のクレジットカードを作っています。

クレジットカードに付いてくる機能とは

クレジットカードに付いてくる機能とは

ここからは、クレジットカードの具体的な機能に、どのようなものがあるのか確認していきましょう。

 

1. ショッピング決済機能
店舗レジでの支払いやネットショッピングの支払いなど、お買い物をしたときの料金をカード払いにすることができます。支払いは登録した口座から支払い日に自動で引き落とされます。

 

2. ポイントやマイルが貯まる
クレジットカードは、利用代金に応じてポイントやマイルが貯まるものがほとんどです。貯めたポイントは商品券やギフトコードなどへ交換できるほか、他社のポイントサービスへ移行するなどして活用できるものもあります。

 

3. 旅行保険や優待サービス
クレジットカードには国内・海外旅行傷害保険が付帯しているものがあり、旅行中の万が一の際に補償を受けることができます。より手厚い補償を希望する場合は、一般カードよりもグレードの高いカードが検討対象となるでしょう。

 

また、クレジットカード会員向けの特典として、宿泊割引やチケットの優待などが用意されていることもあります。

 

4. キャッシング機能
クレジットカードにキャッシング機能を付ければ、急にお金が必要になったときなどいつでもATMからお金を借り入れできて便利です。ただし、キャッシング機能はあくまでも借り入れなので、審査は慎重に行われます。

クレジットカードを作るのに必要なもの

クレジットカードを作るのに必要なもの

クレジットカードを作る際に必要なものは、一般的に「本人確認書類」と「銀行口座のわかるもの」です。

 

・本人確認書類
一般的にクレジットカードの申し込みには、本人確認書類の提出は必須となっています。具体的には以下のような顔写真付きの公的な証明書が必要です。

 

●運転免許証
●マイナンバーカード
●パスポート

 

また、これらの書類がない場合や追加の書類として、以下のものが必要になることもあるでしょう。

 

●健康保険証
●住民票
●公共料金の領収書 など

 

・銀行口座のわかるもの
クレジットカードの利用代金を引き落とすには銀行口座情報を登録する必要があります。Web申し込みができるクレジットカードであれば銀行名や口座番号などを入力して登録することも可能ですが、書面で申し込む場合は銀行届出印が必要です。

 

なお、カード会社によっては必要となる書類が異なる場合もあるため、詳しくは公式サイトなどで確認してください。

目的別おすすめクレジットカード7選

目的別おすすめクレジットカード7選

ここからは目的別におすすめのクレジットカードを紹介していきます。自分の状況にあわせて、クレジットカードを選ぶ際の参考にしてください。

 

・ネットショッピングをよく利用する人
自分がよく利用するネットショッピングサイトに対して特典のあるクレジットカードを選ぶと、さらにお得に利用することができます。

 

【楽天カード】
楽天市場をはじめ楽天グループのサービスをよく利用する人におすすめなのが楽天カードです。楽天カードは通常100円につき1ポイントが貯まります。(※一部ポイント還元の対象外、もしくは、還元率が異なる場合がございます。)しかし、楽天市場でのお買い物のポイント還元率がアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)により、楽天グループのサービスを利用することで、楽天市場でのお買い物のポイント倍率が「楽天市場ご利用分1%」「楽天カード通常分+1倍」「楽天カード特典分+1倍」で3.0%(※)に、さらに楽天市場アプリの利用で3.5%にまで上昇します。そのため、ポイント還元率の高いクレジットカードとして人気があります。

 

※楽天市場ご利用分は、商品ごとの税抜き購入金額(クーポン利用後)100円につき1ポイント(通常ポイント)となります。楽天カード通常分は、楽天市場でのカードご利用額100円につき1ポイント(通常ポイント)となります。楽天カード特典分は、楽天市場でのカードご利用額(消費税・送料・ラッピング料除く)100円につき1ポイント(期間限定ポイント)となります。

 


【PayPayカード】
PayPayカードは、Yahoo!ショッピングをよく利用する人におすすめです。PayPayカードの還元率は基本は1.0%ですが、Yahoo!ショッピング・LOHACOの支払いに利用すると3.0%になります。また、PayPayに直接チャージできるクレジットカードはPayPayカードのみです。

 

【Amazon Mastercard】
Amazonでショッピングをする機会が多い人は、Amazon Mastercardがおすすめです。通常のAmazon利用時のポイント還元率は1.5%で、Amazonプライム会員は最大2.0%になります。ポイントはアカウントに自動的に加算されます。また、ローソン、セブン-イレブン、ファミリーマートのコンビニ3社で利用する際も還元率は1.5%となります。

 

・コンビニでお得に利用したい人
コンビニを頻繁に利用する人は、コンビニの支払いで特典のあるクレジットカードを利用すると効率良くポイントを貯められます。

 

【三井住友カード(NL)】
三井住友カード(NL)は、コンビニ3社とマクドナルドでポイント還元率が最大5.0%になるクレジットカードです。通常のポイント還元率は0.5%ですが、利用代金200円につき2.0%プラス、Visaのタッチ決済かMastercard ®コンタクトレスを利用するとさらに2.5%プラスになり、合計で最大5.0%のポイント還元が実現します。カードフェイスに番号が記載されていないのでセキュリティ面も安心です。

 

【JCB カード W】
JCB カード Wは、18〜39歳の人のみが加入できるポイント還元率の高いクレジットカードです。基本1,000円(税込み)につき2ポイントがたまりますが、セブン-イレブンやスターバックスの利用で、ポイント還元率がさらにアップします。

 


・旅行や出張が多い人
旅行が趣味の人や仕事柄出張が多い人などは、支払いがスムーズで旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードの利用が便利でしょう。ポイントやマイルが貯められるのも魅力です。

 

【ANA VISA Suicaカード】
ANAカードとSuicaカードがひとつになったクレジットカードで、これ1枚で飛行機にも電車にも便利に乗れます。ANAグループ便に乗るとマイルが貯められ、普段のお買い物でもポイントが貯まります。貯めたポイントはマイルやSuicaに移行可能です。

 

また、Suicaのオートチャージにも対応しているので、残高不足で止められる心配もありません。年会費は初年度無料で次年度からは2,200円(税込み)かかりますが、入会時や毎回の継続時にボーナスマイルがもらえるといった特典があります。

 

【JALカードSuica】
JALマイルまたはJRE POINTが貯められるクレジットカードです。貯めたマイルは航空券に交換したり、Suicaにチャージしたりできます。「モバイルSuica」と「JALタッチ&ゴーサービス」が利用できるので、チケットレスでスマートな乗車も可能です。JRとJALを頻繁に利用する人におすすめのクレジットカードとなっています。年会費は初年度無料で次年度からは2,200円(税込み)かかりますが、入会時や搭乗時にボーナスマイルが加算されます。

クレジットカードの利用で注意すべきこと

クレジットカードの利用で注意すべきこと

クレジットカードは計画的に利用すれば便利なものですが、より安心して利用していくうえで注意すべき点があります。

 

・支払い期日をしっかり守る
クレジットカードの支払い期日には必ず引き落としができるように、前営業日までに口座への入金を済ませておきましょう。期日どおりに引き落としができない場合、カードが利用停止になるかもしれません。また、引き落としができないことが続くと信用情報にその旨が記載され、新たにクレジットカードやローンを申し込む際の審査に影響する可能性があります。

 

・使い過ぎに気を付ける
クレジットカードは現金を持っていなくても支払いができるため、つい使い過ぎてしまうことがあります。いつどこでいくら使ったのかを把握して、計画的に利用するようにしましょう。

 

また、クレジットカードにキャッシング枠を付けた場合、簡単に借り入れもできてしまいます。キャッシングを利用するのは緊急のときだけなど自分でルールを決めて、借り癖がかないように気をつけましょう。

 

・不正利用対策をとる
クレジットカードは不正利用されないよう、日ごろからできる限りの対策をと必要があります。たとえば、不審なメールは開かない、クレジットカード情報を簡単に登録しない、利用明細を定期的にチェックするなどの方法があります。また、不正利用の被害に遭った際にはすぐにカード会社に連絡できるよう、連絡先を控えておくと良いでしょう。

初めてのクレジットカードは年会費無料でポイント還元率の高いものがおすすめ

まとめ

初めてクレジットカードを作る際は、申し込む前にクレジットカードの機能や必要書類を確認する必要があります。数あるクレジットカードの中から自分に最適なものを選ぶためには、特典やサービス内容、ポイント還元率などで比較すると良いでしょう。

 

なお、楽天カード楽天グループを利用している人に特におすすめのクレジットカードです。高いポイント還元率に定評があり、年会費無料でざくざくポイントが貯められるので、よりお得なクレジットカードを持ちたい方におすすめです。

このテーマに関する気になるポイント!

  • 初めてクレジットカードを作るタイミングは?

    多くの人が大学生や新社会人になったタイミングで作っています。

  • クレジットカードの主な機能は?

    お買い物代金の支払いやキャッシング機能、旅行保険や優待サービスなどがあります。

  • 申し込みに必要なものは?

    一般的に「本人確認書類」と「銀行口座のわかるもの」が必要です。

  • クレジットカードを利用する際に気を付けることは?

    支払い期日を守ること、使い過ぎに気を付けること、不正利用対策をすることなどがあります。

木内菜穂子
この記事を書いた人
木内菜穂子

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

金融機関や税理士事務所勤務での知識を生かし、FP1級、AFP、日商簿記2級などの資格を取得しました。現在は、金融・保険をメインとしたライターとして執筆活動をしています。お金に関する情報をわかりやすくお伝えできるよう日々努めています。

この記事をチェックした人にはコチラ!




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/06/18~2024/06/22)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car