現在地
トップ > 会員規約・各種特約・サービス規約等について > Google Pay 利用規約

Google Pay™ モバイルペイメント特約


この「Google Pay モバイルペイメント特約」(以下「本特約」という。)は、楽天カード株式会社(以下「当社」という。)の発行するクレジットカード(以下「当社カード」という。)の本会員又は家族会員(以下「会員」という。)が、Google が提供する Google Pay サービスに、当該会員のカードの番号、有効期限等の所定事項を登録して、同サービスを通じて、同サービスに登録した当社カードを用いて決済を行ったり、当該決済に係る情報を、Google Pay サービスを通じて閲覧する場合に適用される特約です。本特約に定めがない事項については、当社が別途定める「カード会員規約」(以下「基本規約」という。)が適用されます。

第1条(定義)

  1. 本特約において、次の各号に定める用語は、それぞれ次の各号で定める意味を有します。
    1. 「Google」とは、Google LLC 及びその関係会社を意味します。
    2. 「Google Pay サービス」とは、Google が、「Google Pay」との名称で提供するサービス(その後継サービスを含む。)を意味します。
    3. 「指定端末」とは、Google Pay に対応した、スマートフォン、タブレット、その他の機器を意味します。
    4. 「トークン化」とは、クレジットカード番号の漏洩等による第三者不正利用の対策のための技術であって、クレジットカード番号を、別の文字列に置き換えて、当該文字列(又は番号)を用いて、カード会社と加盟店等が情報をやり取りする方式をいいます。
    5. 「トークン番号」とは、利用者が指定端末毎に発行を受けるトークン化された番号をいいます。
    6. 「利用者」とは、Google Pay サービスを利用する会員をいいます。
  2. 本特約において別段の定義がされていない用語は、基本規約で定める意味を有します。

第2条(Google Pay サービスの提供主体について)

  1. Google Pay サービスは、Google が、同社の規約に基づき、同社の責任において利用者に対して提供するサービスです。Google Pay サービスは、当社が提供するサービスではなく、また、当社が提供するサービスの一部を構成するものでもありません。
  2. 利用者は、Google Pay サービスの説明、Google Pay サービスの利用規約を読んだ上で、自己の責任で、Google Pay サービスを申し込み、利用するものとします。

第3条(Google Pay サービスの利用の条件)

  1. 当社カードの会員が、Google Pay サービスを利用するためには、本特約に承諾して、当社から Google Pay 用のトークン番号の発行を得る必要があります。
  2. 家族会員が、前項に規定に基づき本特約に承諾する場合、本会員の承諾又は了承を得るものとします。家族会員が本特約に同意することにより、本会員も、本特約に拘束されることとなります。
  3. Google Pay を利用する場合の支払方法は、技術上の理由等により1回払いとして処理されます。但し、基本規約の規定に基づき、事後的にリボルビング払い又は分割払いに変更することができる場合があります。

第4条(トークン番号の発行)

  1. 当社は、会員が、その正当に所持する当社カードについて、Google Pay サービスへの登録への対応を当社に申請した場合には、カードの利用停止・失効、その他特段の事情が存しない限り、Google Pay サービスとの関係で、当社カードを特定するためのトークン番号を、利用者に対して発行するものとします。
  2. 当社は、セキュリティ上の理由、その他の事由に基づき、当社が必要と認める場合には、会員に対して発行したトークン番号の利用者による利用を、いつでも停止し、又は削除することができます。
  3. 利用者は、Google Payサービス所定の手続を経ることにより、当社が発行したトークン番号を削除することができます。但し、当社が発行したトークン番号を削除したとしても、削除前に Google Pay サービスを通じて開始された当社カードによる取引の効力は、特段の事情がない限り、否定されません。

第5条(トークン番号の目的外利用の禁止)

利用者は、当社カードに係るクレジットカード番号、セキュリティコード、有効期限、又はトークン番号を、Google Pay サービスを使用した当社カードの利用又はその利用履歴の閲覧、その他、Google Pay サービス又は当社カード・サービスの利用の目的でのみ利用することができ、それ以外の目的のために利用し又は第三者提供してはなりません。また、その利用の範囲は、当該目的に必要な範囲に限るものとします。

第6条(第三者不正の防止のための安全管理)

  1. 利用者は、Google Pay を通じた当社カードの第三者不正利用等を防ぐため、次に掲げる機器又は情報を善良な管理者の注意義務をもって厳重に保管し、かつ、これらの機器又は情報を、正当事由なく、第三者に譲渡し、引き渡し又は伝達してはならないものとします。
    1. その保有する Google™ アカウントに係るIDとパスワードの全部又は一部の情報
    2. 指定端末
    3. 当社カードについて発行されたトークン番号の情報
  2. 利用者は、Google Pay を利用して当社カードによる決済を行った場合には、速やかに、楽天e-NAVIの会員向けの利用履歴画面、その他、当社所定のウェブサイトにおいて表示される利用後の残高や内容に誤りがないかご確認いただくものとし、誤りがあった場合には、速やかに当社に申し出るものとします。
  3. 利用者は、Google Pay サービスの利用を全面的に停止する場合、直ちに、当社カードを Google Pay サービスから削除する等、第三者不正利用を防止するために必要な措置を講じるものとします。
  4. 利用者は、Google Pay サービスの当社カード関連機能の利用を停止する場合には、直ちに、当社カードを Google Pay サービスから削除する等、第三者不正利用を防止するために必要な措置を講じるものとします。

第7条(指定端末等の紛失時の対応)

  1. Google Pay を通じた当社カードの第三者不正利用等を防ぐため、利用者は、当社カードの登録をした指定端末を紛失した場合又は紛失した可能性を認識した場合、直ちに、当社及び Google に紛失の届出を行い、かつ、Google 所定の方法による遠隔操作での Google Pay の機能停止の措置を実施しなければならないものとします。
  2. 利用者が、当社カードの登録をした Google アカウントに係るID若しくはパスワードを紛失し、若しくは盗難にあい、又はそのおそれがあることに気づいた場合、利用者は、速やかに当該アカウントの利用停止の手続を取り、又は、紛失等した、若しくはそのおそれのあるID若しくはパスワードを直ちに変更する等、不正利用を防止するために適正と認められる措置を講じなければなりません。

第8条(責任制限)

  1. 当社は、次の各号のいずれかから生じた損害について責任を負いません。
    1. Google 又はその委託先からのカード番号/有効期限/PIN番号/セキュリティコード、トークン番号情報等の漏洩。
    2. Google Pay サービスの債務不履行その他の Google による契約違反。
    3. Google 又はその委託先の行為・不作為に起因する事故。
    4. Google Pay サービス上で表示される情報が不正確であること、又は最新でないこと。
    5. 利用者が、Google ID・パスワード、指定端末、又はトークン番号を第三者に伝達し、当該第三者又はその転得者を通じて、Google ID・パスワード、指定端末、又はトークン番号が悪用されたことに起因する事故。
    6. 利用者が、Google 又は当社の利用規約、特約、その他の付随規約等に違反したことに起因する事故。
    7. 当社による Google Pay サービスとの連携機能の提供の中止又は中断。
  2. 当社は、いかなる場合においても、利用者による逸失利益について、損害賠償の責任を負いません。

第9条(無保証)

  1. Google Pay のサービスの提供主体は Google であり、当社ではなく、Google Pay サービスの内容・品質、目的適合性、情報の最新性、瑕疵がないこと、その他の事項について、当社は保証いたしかねます。
  2. 当社は、Google Pay サービスの利用者に対するトークンの発行その他の Google Pay サービスのサポートを当社が継続することを保証いたしません。

第10条(禁止事項)

利用者は、Google Pay サービスを通じて、当社のサービスにアクセスする場合、次の各号のいずれかに該当する行為を行ってはなりません。

  1. Google Pay サービス又は当社カード・サービスの利用申請及び利用に際して、虚偽の情報を申告、送信、又は登録する行為
  2. Google Pay サービス又は当社カード・サービスの利用申請及び利用に際して、法令等に違反する行為、又は違反するおそれのある行為
  3. 当社と競合するサービスの提供・開発等のために当社カード・サービスを利用する行為
  4. Google Pay の利用規約及びその付随規約・ガイドライン等に違反する行為
  5. その他、当社ウェブサイト等において、当社が禁止事項として指定し、周知する行為

第11条(基本規約との関係)

  1. 本特約に定めのない事項については、基本規約及びその付随特約の各関連条項が適用されるものとします。
  2. 本特約と、基本規約との間で矛盾・抵触する条項については、本特約が優先するものとします。

Google Pay サービスの利用に伴う個人情報の取扱いに係る同意条項

当社が、Google LLC 及びその関連会社(以下、あわせて「Google」という。)に対して、次の情報を提供する場合があること、並びに、Google が当該情報を、同社のプライバシーポリシーで定められた目的の範囲内で利用する場合があることに、利用者は同意します。

クレジットカード番号、当該カードの有効期限、取引日、取引金額、取引通貨、その他、Google のプライバシーポリシーで Google が収集する場合があるとしている情報であって、当社が Google Pay サービスに対応するために、Google への第三者提供が必要と認めた事項

Google のプライバシーポリシー
https://policies.google.com/privacy?hl=ja&gl=ZZ新しいウィンドウが開きます

なお、Google Pay サービスにおける利用者の指図に従って、(i)当社が Google Pay に利用者に係る個人情報を提供する場合、又は、(ii)Google が当社に利用者に係る個人情報を提供する場合、個人情報保護法との関係では、当社は、Google を、利用者の代理人として扱います。

Google、Google Pay は、Google LLC の商標です。

以上

© Rakuten Card Co., Ltd.

楽天×FCバルセロナ 特設ページ