現在地
トップ > 会員規約・各種特約・サービス規約等について > Apple Pay利用規約

Apple Pay利用規約


第1条(目的)

  1. 本規約は、Apple Japan, Inc又はその関係会社(以下「Apple」といいます。)が提供する対応デバイス(以下「Apple社対応デバイス」といいます。)で利用できるApple Payサービス(以下「Apple Pay」といいます。)上で楽天カード株式会社(以下「当社」といいます。)が発行するクレジットカードを利用するための利用条件について定めるものです。
  2. Apple Payの利用及びこれに付随又は関連して当社が提供するサービスの利用にあたっては、本規約のほか、Appleの各種規約、Appleのプライバシーポリシー、楽天株式会社の楽天会員規約、当社の楽天e-NAVIご利用規約その他これらに付随して当社又は楽天株式会社が定める規約、カード会員規約、ガイドライン等(以下併せて「本規約等」といいます。)が適用されます。
  3. 利用者は、本サービスの利用に当たって、本規約等が適用されることを了承し、本規約等を遵守するものとします。
  4. 本サービスの利用に関し、カード会員規約その他の当社の定める規約の定めと本規約の定めの間に齟齬又は矛盾がある場合には、その限度において本規約の定めが優先します。

第2条(定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによります。なお、本規約に別段の定義のない用語は、カード会員規約において定義された用語と同一の意義を有します。

  1. 「カード」とは、当社が発行するクレジットカード(家族カードを含みますが、当社が指定するクレジットカードを除きます。)及びその会員番号(トークン化されたものを含みます。)をいいます。
  2. 「本サービス」とは、Apple Payに登録したカードを利用した決済サービスをいいます。但し、本サービスの利用は、カードを物理的に提示する決済方法の代わりに非接触型決済方法(当社が指定する方式に従ったものに限ります。)に対応している加盟店における利用及びApple社対応デバイスにおいてApple Payに対応したアプリ内での利用に限ります。
  3. 「利用者」とは、本サービスを利用する会員をいいます。

第3条(ID、パスワード、デバイス等の管理)

  1. 利用者は、本サービスを利用するためのカード、Apple社対応デバイス(カードをApple Payに登録しているものに限ります。以下本条において同様とします。)、ID、パスワード等に関して、利用者以外の第三者に譲渡、質入れ、名義変更及び利用をさせてはならないものとします。
  2. 利用者は、善良なる管理者の注意をもって、ID、パスワード等を他人に知られないように十分に注意を払うほか、ID及びApple社対応デバイスの使用及び管理に関して一切の責任を持ち、Apple Pay等の利用に関してなされたすべての行為については第三者による行為であっても、当該ID、パスワード、Apple社対応デバイスを保有する利用者による行為であるとみなし、当該利用者が一切の責務を負うものとします。

第4条(Apple Payの利用)

  1. 利用者は、加盟店との商品等の購入等の代金の支払をするために、Apple Payを本規約等に従って利用することができます。利用後速やかに該当カードに請求されます。
  2. 本サービスを利用したカードによる支払方法は一回払いに限られるものとします。但し、支払方法をリボルビング払、分割払に変更することは妨げられないものとします。
  3. 利用者は、Apple Payを利用した場合には、速やかに楽天e-NAVIの会員向けの利用履歴画面上において、表示された利用後の残高や内容に誤りがないかどうかご確認いただくものとし、誤りがあった場合には、速やかに当社にお申し出ください。
  4. Apple社対応デバイス(カードをApple Payに登録しているものに限ります。)を紛失した、盗難に遭った、又はID、パスワード等の情報が何らかの形で漏洩したと考えられる場合は、速やかに次の①および②の措置をとるものとします。
    ①当社及びAppleに対する届出
    ②Apple社所定の方法による遠隔操作でのApple Payの機能停止措置の実施

第5条(利用条件等)

利用者は、以下の各号のいずれかに抵触する場合には、本サービスの利用をすることができません。

  1. 18歳以上の自然人であること
  2. 日本に住所を有すること
  3. 第12条に基づき本サービスの利用資格を失っていないこと

第6条(届出事項)

利用者は、メールアドレスその他の本サービスの利用に関し当社に登録又は届け出た情報及び個人情報などに変更があった場合、又は自己のカード等が第三者に無断使用されていること若しくはそのおそれがあることが判明した場合、直ちに当社所定の届出を行うものとします。

第7条(加盟店との取引等)

  1. 利用者が加盟店でApple Payを利用して商品や指定権利の購入又は役務の受領取引をした場合における、利用者の加盟店に対する代金支払債務その他の事項については、カードを利用して加盟店で商品や指定権利の購入又は役務の受領取引をしたものとみなしてカード会員規約その他の当社が定める規約の定めに従います。
  2. 利用者と加盟店等との取引に関するトラブル、紛争等(取扱商品の瑕疵、欠陥を含む全て)は、利用者と加盟店との間で解決するものとし、当社は、利用者と加盟店との間の取引、トラブル、紛争等について一切責任を負いません。
  3. Apple Payによる支払後に、利用者と加盟店との契約が無効、取消、解除された場合であっても、当社は、利用者に対し、Apple Payの利用金額相当額の金銭の返金は一切行いません。

第8条(同意事項)

利用者は、本サービスに関し、次の各事項に同意するものとします。

  1. 本サービスを利用する場合にはカードをApple Payに登録する必要があること。
  2. 本サービスを利用する場合、カード及び本サービスの利用に関する情報がApple社対応デバイスに記録される場合があること。
  3. Apple Payの不具合、通信回線の輻輳その他当社の責めによらない事由により利用者が本サービスを利用できなかった場合又は損害を被った場合であっても、当社はその責任を負わないこと。
  4. 当社が、本サービスのキャンペーンその他の業務をJCBに委託する際に、その委託業務の遂行に必要な範囲内で利用者の個人情報をJCB(JCBの再委託先を含みます。)に提供すること。
  5. 当社が、Appleより取得する以下の個人情報を以下の利用目的で利用すること。
    ①当社が取得する個人情報の項目 Apple社対応デバイス(カードをApple Payに登録しているものに限ります。)に登録された利用者の氏名、住所、使用言語、当該Apple社対応デバイスの種別、当該Apple社対応デバイスのNFCの識別番号(SEID)等
    ②利用目的 (a)利用者に対する本サービスの提供開始及び継続の可否の判断、(b)その他の本サービスの提供

第9条(禁止事項)

利用者は、理由の如何を問わず、次の行為を行わないものとします。

  1. 本サービスの利用開始手続を行う際、虚偽の情報を送信・登録する行為
  2. 法令若しくは公序良俗に違反し又は違反する恐れのある行為
  3. 営利目的で本サービスを利用する行為
  4. 本サービスによって得られた情報を営業又は営利目的に利用する行為
  5. 当社指定の方法以外の方法により本サービスを利用する行為
  6. 本サービスの契約上の地位及び本サービスから生じる権利の譲渡にあたる行為
  7. 本サービスを第三者に利用させ、若しくは貸与又は質入及び譲渡その他の処分をする行為
  8. 当社又は本サービスの他の利用者その他の第三者の財産的若しくは人格的な権利を侵害し、又は侵害するおそれのある行為
  9. その他、当社が不適当と認めた行為

第10条(本サービスの一時停止)

  1. 当社は、以下の各号に掲げる場合には、利用者に対して、その旨を通知、又は当社指定のウェブサイトにその旨を告知することにより、本サービスの全部又は一部の提供を一時的に停止することができるものとします。但し、緊急に停止する必要がある場合には、停止後、直ちに通知又は告知することとします。
    1. 天災、停電、システム障害、通信回線の故障等やむを得ない事由により、本サービスを提供することができない場合
    2. 登録カード等が偽造若しくは変造されたことが判明した場合
    3. 登録カード等が違法又は不正に入手されたものであることが判明した場合
    4. システムの保守・点検等により、本サービスに関するシステムを一時停止する必要がある場合
    5. 利用者の本サービスの利用状況等にてらし、当社が当該利用者による利用を一時停止する必要があると判断した場合
    6. 本サービスについて、当社が提携する国際ブランドの規定に基づき当社が一時停止する必要があると判断した場合
    7. 第12条第1項及び第2項に掲げる事由が生じた場合又はそのおそれがあると当社が判断した場合
    8. 天災地変、社会情勢の変化、法令の改廃、その他技術上又は営業上の判断等により、当社が本サービスの一時停止が必要と判断した場合
    9. Appleの判断により、サービスを停止した場合
  2. 利用者は、前項に定める場合において、本サービスの全部又は一部が一時的に利用できなくなる場合があることを了承するものとし、本サービスが利用できなかったことにより利用者に生じた損害、損失及び費用について当社が填補する義務がないことを了承するものとします。

第11条(利用者による利用中止)

利用者は、当社所定の方法により自ら本サービスの利用を止める場合には、利用者の責任において、速やかに、Apple Payに登録されたカードのご利用をキャンセルし、また、該当カードをApple Pay上の登録から削除するものとします。

第12条(利用資格の喪失等)

  1. 利用者は、次のいずれかの事由に該当する場合、当然に本サービスの利用資格を失うものとします。
    1. 利用者が死亡した場合
    2. 理由の如何を問わず、カードの会員資格を失った場合
  2. 利用者は、次のいずれかの事由に該当する場合、当社所定の通知により本サービスの利用資格を喪失するものとします。
    1. 利用者が失踪(連絡不能)したと当社が判断した場合
    2. 当社に対する届出又は登録等に虚偽があったことが判明した場合
    3. 本規約等の規定のいずれかに違反した場合
    4. 本サービスの利用に際し必要とされる債務の支払又は義務の履行を行わなかった場合
    5. その他本サービス会員として当該会員が不適当であると当社が判断した場合
  3. 利用者は、本条に従って本サービスの利用資格を喪失した場合、本サービスを利用することができないものとします。この場合、第1項第1号の場合を除き、利用者は、本サービスの払戻しを受けることができません。

第13条(賠償義務)

利用者が本規約等に違反したこと又は利用者の責めに帰すべき事由により当社に損害が生じた場合には、利用者は、当社に対し、当該損害の賠償義務を負うものとします。

第14条(通知)

  1. 当社と利用者との間の本サービスの利用に関する通知又は本規約等に基づく通知は、電子メール、SMS、電話又は書面(郵便等)によって行うことができます。
  2. 当社が、前項の通知を、利用者が申し出たメールアドレスに宛てて電子メールを送信する方法により行った場合、当該電子メールが利用者の利用する電子メールのサーバーに到達した時をもって、当該通知が利用者に到達したものとします。
  3. 前項の規定にかかわらず、利用者の利用する電子メールのサーバーの事故や利用者のメール環境等により同項の電子メールが当該サーバーに到達しなかった場合、又は、利用者がメールアドレスの変更を当社に届け出ていない場合には、利用者が最後に当社に届け出たメールアドレスに宛てて当社が第1項の通知の内容を記録した電子メールを送信した時をもって当該通知が利用者に到達したものとみなされるものとします。

第15条(免責)

法令又は本規約等に別段の定めがある場合を除き、本サービスに関連して利用者が被った損害に関しては、当該損害が当社の故意又は重過失によるものでない限り、一切の責務を負わないものとします。

第16条(規約の変更)

当社は、本規約の全部又は一部を変更する場合は、当社ウェブサイト上での告知その他当社所定の方法により利用者にその内容をお知らせいたします。なお、当社からのその内容をお知らせした後に、利用者が本サービスを利用したとき、又は、相当期間経過したときのいずれか早い時点において、利用者は、変更内容を承認したものとみなされるものに異議のないものとします。

第17条(本サービスの終了)

  1. 当社は、Apple又はJCBによるApple Payに関するサービスの中止又は終了、天災地変、社会情勢の変化、法令の改廃、その他技術上又は営業上の判断等の理由により、事前に(急を要する場合には事後直ちに)利用者に通知又は公表することにより、本サービスを終了することができるものとします。
  2. 当社は、本サービスの終了に際し、利用者又は第三者に発生した一切の損害、不利益について、何ら責任を負わないものとします。

以上

© Rakuten Card Co., Ltd.

楽天×FCバルセロナ 特設ページ