国内旅行でかかる費用の平均は?予算の内訳や旅費を安くするコツを解説

リリース日:2023/10/30 更新日:2023/10/30

国内旅行を計画するときに「どのくらいの予算が必要?」「何にお金がかかる?」などの疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

予算を決めなければ、旅行に向けて貯める必要のある金額の目安もわからないので、旅行費の内訳や目安を知っておくことは大切です。

ここでは、国内旅行でかかる費用の平均や予算を組むときの内訳、旅費を安くするためのコツを解説します。国内旅行の費用について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

  1. 国内旅行の平均費用
  2. 国内旅行でかかる費用の内訳と平均金額
  3. 国内旅行の費用を安くするためのコツ
  4. 費用を抑えるコツを把握してお得に国内旅行を楽しもう

国内旅行の平均費用

観光庁の「旅行・観光消費動向調査2021年年間値(確報)」によると、日本国内旅行の1人1回あたり旅行支出は、宿泊旅行が「5万6,240円」、日帰り旅行が「1万7,251円」となっています。

 

そのため、宿泊ありきの国内旅行は、1人5万円程度を目安として考えておくと良いでしょう。ただし、宿泊施設や移動手段、旅行先などによって費用は異なることや、宿泊日数が増えればその分費用も増えることには注意しましょう。

国内旅行でかかる費用の内訳と平均金額

国内旅行の費用は、大きく以下の3つに分けて考えるのがおすすめです。

 

  • 宿泊費
  • 交通費
  • 飲食費

ここでは、各費用の平均金額を紹介します。

宿泊費

観光庁の「旅行・観光消費動向調査2021年年間値(確報)」によると、国内旅行では宿泊費が支出に占める割合が最も高く、平均は1万8,106円です。

 

宿泊費は、食事の有無や宿泊施設の種類、グレードなどによって金額が大きく変わることもありますが、予算としては1人2万円程度と考えておくのが良いかもしれません。

交通費

交通費は、バスや鉄道(列車・新幹線)、飛行機、車のガソリン代(自家用車で行く場合)など、国内旅行時の移動にかかる費用です。

 

観光庁の「旅行・観光消費動向調査2021年年間値(確報)」によると、交通費が支出に占める割合は全体で2番目に高く、平均は1万704円です。

飲食費

飲食費はランチやディナー、目的地までの移動中にとる間食や食べ歩きなど、旅行中のすべての飲食にかかる費用です。

 

観光庁の「旅行・観光消費動向調査2021年年間値(確報)」によると、飲食費が支出に占める割合は3番目で、平均で「6,865円」となっています。

 

宿泊費と交通費、飲食代の3つだけで1人約3万5,000~4万円となるので、予算5万円で国内旅行に行くなら、現地でのお買い物やアクティビティなどにかけられる費用は1人1万~1万5,000円程度と考えておくのが無難かもしれません。




国内旅行の費用を安くするためのコツ

前述のとおり、国内旅行でかかる費用のうち、宿泊費と交通費が約50%以上を占めています。そのため、全体の費用を抑えるには、この2つの費用をどの程度安くできるかがポイントになると考えられます。

 

以下では、国内旅行の費用を安くするコツを紹介します。

早割プランを活用する

国内旅行をするときに、現地まで航空機や電車、新幹線などで移動する方は、早期の購入・予約による割引を活用するのがおすすめです。

 

早割は、利用する交通手段によって期間が決まっていたり、不定期開催であったりする場合もあるので、目的地までの移動手段が決まったら早めに確認しましょう。

Web予約サイトを利用する

宿泊費を抑えるならWeb予約サイトを利用するのがおすすめです。Web予約サイトでは、お得なプランやキャンペーンなどを実施している場合があるので活用してみましょう。

 

また、Web予約サイトによっては地域や目的に応じて宿泊施設を複数絞り込めたり、最安料金を表示してくれたりする場合もあるので、料金を比較しやすいのもメリットです。

オフシーズンを狙う

夏休みや年末年始、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの長期の休暇シーズンは、ホテルなどの宿泊施設や観光地が混雑します。そのため、宿泊費や交通費などが高めに設定されている場合があり、旅行費全体が高くなってしまう可能性があります。

 

また、旅行先によっては季節ごとに費用が変動する場合もあります。例えば北海道ではウィンタースポーツを楽しめるので、冬は旅行費が高くなる可能性があるなどのケースです。

 

季節限定のもの(夏は海水浴、冬はスキー・スノーボードなど)を楽しみたい場合を除き、なるべく混雑を避けられるオフシーズンを狙うことで、旅行費を抑えられる可能性があります。

国内旅行でかかる費用をクレジットカードで支払う

クレジットカードは、利用金額に応じてポイントやマイルなどの還元を受けられることが多いです。

 

国内旅行の費用が直接安くなるわけではありませんが、旅行中の支払いをカード払いにすることで、ポイントやマイルなどが貯まる分、現金で支払うよりお得になる可能性があります。

 

また、クレジットカードによっては、国内旅行で利用できる優待や特典が充実しているものもあります。例えば宿泊費の割引やWeb予約サイトを利用したときに特典を受けられることもあります。

 

このような特典を利用できるクレジットカードであれば、旅行費自体も抑えられるでしょう。

費用を抑えるコツを把握してお得に国内旅行を楽しもう

 国内旅行の費用は1人あたり5万円程度が目安です。費用の内訳としては宿泊費、交通費、飲食費の3つに分けて考え、全体の予算から3つの費用を引いた金額で、現地でのお買い物やアクティビティなどの計画を立てるのがおすすめです。

 

また、国内旅行ではクレジットカードを活用することで現金よりお得になる可能性があります。

  国内旅行費の支払いは、楽天カードがおすすめです。

 

楽天カードなら100円につき1ポイント(※1)の楽天ポイントが進呈されるので、国内旅行費の支払いでお得にポイントが貯まります。

 

また、楽天トラベルからの予約で、国内宿泊施設で使える割引クーポン(※2)を受け取れるほか、楽天トラベルでの予約と支払いで合計2%分の楽天ポイントが貯まります。

 

年会費永年無料の「楽天カード」であれば、維持費を気にせずに保有し続けられるので、国内旅行費の支払いで貯まったポイントを次回の国内旅行でまとめて利用することもできるでしょう。

 

【年会費永年無料】楽天カードに申し込む

 

 

国内旅行を計画している方は、この機会にぜひ楽天カードの申し込みをご検討ください。

(※1)一部ポイント還元の対象外、もしくは、還元率が異なる場合がございます。詳細はこちら
(※2)配布枚数、利用条件等には限りがあります。詳細はこちら

※この記事は2023年10月時点の情報をもとに作成しております。

年会費無料でポイントが貯まる!楽天カード

楽天カード
  • 年会費が永年無料
  • 100円につき1ポイント貯まる
  • 安心のセキュリティ

※一部ポイント還元の対象外、または還元率が異なる場合がございます。ポイント還元について詳細を見る

このテーマに関する気になるポイント!

  • 国内旅行をする人の平均費用は?

    宿泊旅行の場合は平均56,240円です。もちろん宿泊施設の種類やグレード、移動手段、現地でのアクティビティの有無などによって変動しますが、目安として覚えておくと良いでしょう。

  • 国内旅行ではどのような費用が必要?

    支出のTOP3は、宿泊費、交通費、飲食費です。宿泊費と交通費の平均は28,810円と平均費用の約半数を占めるので、予算を立てる際には参考にしてください。

  • 国内旅行の費用を安くするコツはある?

    Web予約サイトを活用したり、オフシーズンを狙ったりするのがおすすめです。また、計画を早めに立てて早割を活用するのも良いでしょう。また、クレジットカードを利用することでポイント還元や優待サービスでお得に旅行を楽しむことができます。

sapporo.k
この記事を書いた人
sapporo.k

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

ライターとしてクレジットカード関連の記事を多数執筆。自身も普段から複数枚のクレジットカードや電子マネーを使い分けて、キャッシュレス生活を満喫しています。読者にとって「わかりやすい」かつ「役立つ情報」を発信していきたいと思っています。




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/07/17~2024/07/21)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car