【例文付き】異動挨拶メールへの返信をする際に気を付けたいポイント6選!

リリース日:2023/10/03 更新日:2023/10/03

会社員に部署の異動はつきものです。しかし、上司や同僚、取引先から異動の挨拶メールが送られてきたら、どのように返信すれば良いかわからず困ることがあるかもしれません。社会人としてのマナーを守りながら、失礼のないメールを返信するにはいくつかのコツがあります。ここでは、異動の挨拶に対する返信の書き方や注意点、例文を紹介していきます。この記事を参考に返信メールの作成に役立ててください。

年会費無料でポイントが貯まる!楽天カード

楽天カード
  • 年会費が永年無料
  • 100円につき1ポイント貯まる
  • 安心のセキュリティ

※一部ポイント還元の対象外、または還元率が異なる場合がございます。ポイント還元について詳細を見る

  1. 異動挨拶に対する返信メールの構成
  2. 異動挨拶に対する返信メール例文
  3. 返信をする際のポイント6選
  4. 感謝を込めて異動の挨拶への返信をしましょう

異動挨拶に対する返信メールの構成

異動挨拶に対する返信メールの構成

異動の挨拶メールに返信する際は、以下の3点を組み込むよう意識しましょう。

メッセージへの感謝

まずは、メッセージをいただいたことに対する感謝を伝えます。忙しい業務の合間に作成してくれたメッセージですし、今まで築き上げた人間関係は大切にしたいものです。今後も円滑な関係を継続するためにも、必ず感謝を伝えましょう。

お世話になった具体的なエピソード

次に、お世話になったエピソードを盛り込みましょう。返信相手は異動にともない、多くのメールを送っていると考えられます。ほかの人の返信メールと差別化するために、自分らしさを出して相手に認識してもらいやすくする工夫が大事です。

 

何をしてくれたことに感謝しているのかが伝われば、相手に好印象を与えられるでしょう。

今後の活躍を祈る

締めとして、今後の活躍を祈る、応援する旨を伝えましょう。異動には少なからず環境の変化があり、異動が決まった人は不安や期待を持っていると考えられます。新しい環境に身を置くことを気遣う文章を盛り込みましょう。

異動挨拶に対する返信メール例文

異動挨拶に対する返信メール例文

異動の連絡をしてきた相手別に返信メールの例文を紹介します。適宜自分の言葉に置き換えて活用してみてください。

社内での挨拶メールへの返信

同じ会社に所属する人とは今後また一緒に仕事をしたり、上司・部下の関係になったりする可能性があります。挨拶メールへの返信が印象を左右する場合もあるため、失礼にならない対応が必要です。円滑なやり取りができるようポイントを押さえて返信しましょう。

相手を知らない場合の返信

直接、相手を知らない場合でも異動の挨拶メールを受け取ることはあります。関わりが少ない相手だと「何を書けば良いのかわからない」と悩むかもしれません。まずは相手との関係を考えて、返信しましょう

 

以下の例をご覧ください。

○○さん

 

お忙しい中、異動のご挨拶をいただきありがとうございます。

 

直接一緒に仕事をする機会はありませんでしたが、○○さんの○○部の方々には大変お世話になりました。

 

新天地におかれましても、○○さんのさらなるご活躍をお祈り申し上げます。

 

今後お仕事でご一緒になった際は、ぜひよろしくお願いいたします。

直接関わりのなかった人に送るメールでは、部署間でのやり取りをもとに、上記のようにまとめられます。

 

一緒に仕事をしたか記憶が定かではない場合は、「一緒に仕事をする機会はありませんでしたが」を削除し、担当部署には世話になった旨の一節を添えるだけにしておくのが無難です。

上司への返信

続いては、直属の上司や教育・指導をしてくれた先輩への返信例です。思い入れやエピソードが豊富な相手かと考えられます。業務に不慣れな頃のサポートや失敗の後始末をしてもらった経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

研修で学んだことや仕事上でアドバイスされたことなどを踏まえて、今までお世話になった感謝の気持ちを忘れずに添えて返信しましょう

○○部長(役職がある場合は名前の後に役職を付け、ない場合はさんで対応)

 

異動のご連絡をいただきありがとうございます。

 

○○部長には入社以来長くお世話になり、多くのことを学ばせていただきました。

 

研修中だけではなく、○○での対応で私が悩んだ際にいただいたアドバイスは今でも参考にしています。

 

末筆になりますが、新しい部署での益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

部下への返信

部下から送られてきた異動の挨拶に返信する機会もあるでしょう。自分が面倒を見ていた部下宛てのメールなら、一緒に仕事をしたことがあるからこそ、わかる長所を褒めたり、助けられたエピソードを盛り込んだりして文章を作成できます。

 

仕事ができる部下ほど、上司にとって信頼できる存在であり、他部署への異動は寂しいもの。ただし、相手のことを思いやるつもりだとしても、説教や改善点の指摘は控えましょう。

○○さん、お疲れ様です。

 

お忙しい中メッセージを送っていただき、ありがとうございます。

 

○○さんとは○○の時期から一緒に働き、現在まで何度も助けられ感謝しています。

 

○○さんは○○が得意という長所があり、この先のキャリアアップに向けてかけがえのない力になると考えています。

 

異動先でも○○さんのご活躍を祈っております。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

同僚への返信

同僚の異動挨拶メールに返信する際は、これまで一緒に働いて感じたことや印象に残っていること、助けてもらったエピソードを組み込むと良いでしょう。関わりが少なかった同僚でも、会話の内容や日常の何げないやり取りなどを思い出して作成するとより良い文章になります。

 

ライバルとして切磋琢磨した相手なら、ともに成長したエピソードを入れ込むと深みのある文章を作れるでしょう。

○○さん、お疲れ様です。

 

業務の引き継ぎなどで忙しい中、メッセージを送っていただき、ありがとうございます。

 

一緒に働きながら個人的な相談に乗ってくれたりサポートしてくれたり、助けてもらって大変感謝しております。

 

異動先でも○○さんのご活躍をお祈り申し上げます。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

社外からの挨拶メールへの返信

取引先とのメールのやり取りは会社を代表したやり取りです。放置したり、ぞんざいな返事をしたりすると、これまで築き上げてきた関係にヒビが入りかねません。

 

担当者とは、また別の仕事で関係を持つ可能性もあります。担当者への感謝の気持ちや、今後の活躍を応援する内容を添えて、良好な関係を維持できるよう心がけるのが理想です。

取引先への返信

取引先から異動の挨拶メールが来た際の返信を紹介します。一緒にした仕事や取引内容と結び付けてメッセージを作成すると良いでしょう。

株式会社○○

○○部 ○○様

 

平素より格別なご高配を賜りまして誠にありがとうございます。

 

○○会社 ○○部の○○です。

 

このたびはお忙しい中、異動のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。

 

○○様とのやり取りのお陰で後々の仕事もスムーズに進められ、感謝しております。

 

改めて、心より御礼申し上げます。

 

新天地におかれましても、○○様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

返信をする際のポイント6選

返信をする際のポイント6選

ここまで異動挨拶メールへの返信で触れておくべき内容を例文で解説しました。ここで改めて、異動挨拶の返信をする際に気を付けたいポイントをまとめます。

返信はできるだけ早めに

挨拶メールを受け取ってから24時間以内を目安に返信しましょう。

 

返信が遅いと印象が悪くなります。やむを得ない理由で遅くなってしまった場合には、「○○のため、返信が遅くなり申し訳ございません。」と一言添えて返信しましょう。

宛名と返信先に注意する

宛名と返信先を間違えないように注意しましょう。CC機能を利用して送られてきたメールにそのまま返信すると、CC欄に名前がある人全員にメールが届いてしまうことがあります。

 

送信者だけに返信するよう、宛先を確認してから送るようにしましょう。

タイトルは変更せずに返信する

異動挨拶メールのタイトルは変更せずに返信しましょう。異動が決まっていても、引き継ぎが完全に終わるまでは業務に関するメールも受信しているはずです。挨拶メールへの返信と一目でわかるように、「Re:」を付けて返信しましょう。

文量を相手に合わせる

メールの文体や語調だけでなく、文量も相手に合わせるのが無難です。異動挨拶メールを送る人も、連絡する相手との関係性によってメールの文量を調節している可能性があるためです。簡素なメールに対しては簡素に、長めのメールに対してはエピソードなども添えて長めにするのが良いでしょう。

 

相手が感謝の気持ちを込めて長めのメールを送ってきたのに返信が素っ気ないと、印象が悪くなる可能性があります。反対に、簡素なメールにエピソードを盛り込みすぎた返信をすると、読むのが面倒に思われるかもしれません。

差出人への感謝の言葉を具体的に示す

連絡をくれた人にわかるエピソードを添えて、感謝の言葉を送りましょう。異動が決まった人は異動の挨拶メールを複数の人に送り、多くの人から返信を受けることになります。相手との結びつきがわかる内容とともに感謝の気持ちを表現すれば、好印象を持たれるでしょう。

 

「○○の仕事で失敗した際に大変お世話になりました」など、具体的にどの仕事で世話になったかを示すと効果的です。

今後の活躍を願う言葉を添える

最後に、相手の今後の活躍を祈る言葉を添えて締めましょう。同じ会社の社員であれ、取引先であれ、いつか一緒に働くことになったり、業務で関わったり、上司・部下の関係になったりする可能性がある人たちです。たとえ当面自分と関わりがなくなったり、転勤で会うことがなくなったりするとしても、今後も良好な関係でいられるように、気持ちを込めて新天地での活躍を祈りましょう。

感謝を込めて異動の挨拶への返信をしましょう

感謝を込めて異動の挨拶への返信をしましょう

ここまで異動の挨拶のメールをもらった際の返信の仕方を解説しました。

 

異動により、今まで関わっていた人と疎遠になる場合もありますが、いつかまた仕事で一緒になる可能性があります。異動を伝えるメールを受け取ったら、できるだけ早く返信しましょう。

 

ビジネスメールは、ある程度「型」が決まっているので、マナーを守ることが大事です。一方で、型にはめるだけでは味気ない文章になり、相手に感謝の気持ちが伝わらない場合もあります。ビジネスメールのマナーに加え、具体的なエピソードを入れ込み感謝の気持ちが伝わるように表現すると良いでしょう。

ビジネスマナーや仕事に役立つ書籍などの購入には楽天カードがおすすめです。年会費が無料なうえポイントが貯められ、貯まったポイントは楽天カードの月々のお支払い(ショッピングご利用分)に利用できます。(※1)
ビジネスでもプライベートでも、あらゆる場面で活躍する楽天カードの利用をぜひご検討ください。

 

※1「ポイントで支払いサービス」にご利用いただけるポイント種別は、通常ポイントのみになります。

 

※この記事は2023年8月時点の情報をもとに作成しております。

年会費無料でポイントが貯まる!楽天カード

楽天カード
  • 年会費が永年無料
  • 100円につき1ポイント貯まる
  • 安心のセキュリティ

※一部ポイント還元の対象外、または還元率が異なる場合がございます。ポイント還元について詳細を見る

このテーマに関する気になるポイント!

  • 直接やり取りのない相手でも異動挨拶メールに返信は必要?

    直接やり取りがなくても今後、関わる可能性もあります。失礼のないように必ず返信しましょう。

  • 挨拶メールが届いたらすぐ返信したほうがいいの?

    できるだけ早めに返信しましょう。すぐには返信できない場合も、24時間以内の返信を心がけてください。
    もし、返信が遅れた場合は「返信が遅れて申し訳ございません」という一言を添えておきましょう。

  • 返信メールで意識したほうがいいポイントは?

    返信メールでは以下の6つを意識しましょう。
    ・早めの返信
    ・宛名と返信先に注意する
    ・タイトルを変更せず返信する
    ・文量を相手に合わせる
    ・感謝の気持ちを表現する
    ・今後の活躍を願う

    上記のポイントに注意すれば、社会人として恥ずかしくない返信メールが作成できます。

やすし
この記事を書いた人
2級ファイナンシャル・プランニング技能士 理学療法士
やすし

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

金融・医療分野をおもに執筆するwebライター。3人の子どもを持つ父親で、子育て世代を中心に役立つ情報を提供しています。教育資金・老後資金作りのためNISAを活用した資産運用を実行中です。お金の悩みを解決できる記事を心がけています。

LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/05/15~2024/05/19)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car