1964年東京オリンピックの経済効果は?2020年は好景気が実感できる?

リリース日:2017/09/22 更新日:2018/06/13

オリンピックというと、なんとなく景気が良くなるイメージがあるかもしれません。実際に1964年の東京オリンピック前にはさまざまな経済効果が見られました。具体的にどのような経済効果があったのかご紹介します。

1964年東京オリンピックの経済効果は?2020年は好景気が実感できる?

建設や公共交通機関の整備

1964年の東京オリンピックのために、国立競技場や日本武道館などの競技場が建設されました。いまでも国立競技場にはオリンピックマークが残っており、東京オリンピック会場であったことが示されています。宿泊施設が多数建設されたのもこの時期です。

 

公共交通機関の発達もめざましいものでした。東海道新幹線が開業したのも1964年のオリンピック開会直前です。東京モノレールの開業や、高速道路の整備も行われました。

閉会後の不景気

1962年から1964年の好景気は「東京オリンピック景気」と呼ばれています。しかし、オリンピックの閉会後は不況になってしまいました。その要因としては、建設需要が後退したことや、金融引き締め政策が行われたことが挙げられます。家庭用テレビの需要がオリンピック前と比べて落ち込んだことも一因とされています。

2020年の東京オリンピックはどうなる?

ここで気になるのが2020年の東京オリンピックのことでしょう。いまのところ好景気を実感していないという人も多いはずです。東京都では、大会に対する直接の投資による「直接的効果」と、オリンピックのためのインフラ設備やバリアフリー対策で数年間続く「レガシー効果」があると発表。招致が決まった2013年から、開催10年後の2030年までの18年間で、約32兆3000億円の経済効果があると試算しています。

 

しかしながら、これといった具体的なインパクトがないのも事実です。特に、東京以外に住んでいる人にとってはオリンピックが近付いている実感があまり湧かないことでしょう。これから開催までの間に、どのような経済効果があるのか気になるところですね。

 

宮島ムー
この記事を書いた人
ファイナンシャル・プランナー(2級FP技能士)/宅地建物取引士
宮島ムー

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

関西に住む子育て中の主婦です。 お金や不動産に興味があり、日商簿記1級・FP2級・宅建などの資格を独学で取得しました。 記事ではなるべく専門用語を使わず、わかりやすく説明するよう心がけています。

この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/06/16~2024/06/20)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car