Question

保険の加入タイミング

現在保険の加入を考えているのですが、考えるだけで決め切れずにいます。保険は、どういうタイミングで加入すると良いのでしょうか。また、どういうポイントを注視して選択すべきかと、保険を見直すタイミングのおすすめも教えていただきたいです。

さよさん

質問者
年齢 30代
職業 会社員
世帯年収 400万円未満

Answer

風呂内亜矢
この記事を書いた人
1級ファイナンシャル・プランニング技能士 CFP認定者
風呂内亜矢

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

26歳のとき、貯蓄80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに、お金の勉強を始める。現在は夫婦で複数の物件を保有し賃料収入を得ている。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 書籍は『コツコツ続けてしっかり増やす!誰でもできるNISAの教科書(ナツメ社)』など約30冊。YouTube「FUROUCHI vlog」も更新。

保険が効果を発揮するシーンは「起こる確率は低く、しかし起きた時には金銭的な影響が大きなシーン」とされています。起きるか起きないかわからないことのためにあらかじめ大金を準備しておくことは大変ですし、起きるとわかっていることのためには保障をかけるのではなくそれ専用に蓄財をしていく方が効率がよいからです。

 

保険が気になる事象に対して、社会保障やご自身の貯蓄などで対応できるかをまず考え、それでは足りないと感じるシーンについてだけ、民間の保険会社の商品を検討されるのが良い順番です。

 

一般的には会社員の社会保障は手厚いため、貯蓄が100〜200万円くらいあれば、多くのケガや病気には対応できると考えられます。まだ貯蓄が少ない間は定期(掛け捨て)タイプの医療保険に加入し、貯蓄が増えてきたら減額や解約などを検討されると良いでしょう。
子供が生まれたら、自分に万が一のことが起こった場合の子供の養育費や教育費といった守るべきリスクの要因が増えることになります。自分の死亡に備えた生命保険や収入保障保険への加入を検討した方が良いケースにあたります。

 

結婚したとき、出産したとき、家を買ったときなどが、一般的に保険を見直す時期とされています。
結婚したことで働き方が変わると社会保障など、既に備えられた保障体制が変わるからですが、もしも結婚前後で働き方が変わっていなければ、実は該当しないかもしれません(もともと独身の時から保険に加入しておくべきだったというケースもあると思います)。
出産したときは先ほどの例の通り、子供の養育費や教育費など抱えるリスクの内容が変わるため、見直しが必要なタイミングです。

 

家を買った際は、住宅ローンに含まれる団体信用生命保険という生命保険と照らし合わせて、適当な保険に調整する必要が出てきます。
それに加えて、貯蓄が増えたときも貯蓄で対応できるシーンが増えるため、加入している保険の見直し時期と言えそうです。

 

自分の持っているリスクに対して、保険以外での対応策を確認し、足りない部分を保険商品で補われるのが良いでしょう。

この記事をチェックした人にはコチラ!




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/06/15~2024/06/19)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car