Question

外貨預金について

現在、外貨預金をしているのですが、預け入れ先の金融機関が破綻してしまった場合のリスクを懸念しています。
①その場合、預金は戻ってくるのでしょうか?
②複数金融機関への預金分散など、破綻リスクに備える資産形成方法はどのようなものがありますでしょうか?
③外貨預金のほかにおすすめの預金方法はありますでしょうか?

みっちーさん

質問者
年齢 70代以上
職業 自営業
世帯年収 800万円〜1,000万円未満

Answer

風呂内亜矢
この記事を書いた人
1級ファイナンシャル・プランニング技能士 CFP認定者
風呂内亜矢

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

26歳のとき、貯蓄80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに、お金の勉強を始める。現在は夫婦で複数の物件を保有し賃料収入を得ている。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 書籍は『コツコツ続けてしっかり増やす!誰でもできるNISAの教科書(ナツメ社)』など約30冊。YouTube「FUROUCHI vlog」も更新。

円の普通預金や定期預金は元本1,000万円までとその利息が保護される預金保険の対象ですが、外貨預金はその対象ではありません。そのため①外貨預金をしている金融機関が破綻した場合は、その金融機関の残りの財産や債務などの状況に応じた対応となり、預金の払い戻しは保証されません。

 

ご質問いただいている通り、複数の金融機関に分散するという方法も一案ですし(②)、投資信託で外国の債券や株式に投資をすることを検討されるのも選択肢になりそう(③)です。

 

投資信託で運用する場合、実際のお金を管理しているのは信託銀行です。信託銀行は分別管理を義務づけられているため、破綻した場合も預かっている資産については保護されます。
ただし、価格変動があり、外貨ベースでみても元本を保証するものではないため、破綻したタイミングで解約されるケースなどでは元本が割れる可能性もあります。自分の思うタイミングでの解約や売却にならない可能性があるという点は、破綻のリスクとして残ることなります。

 

ただ、外貨預金も外貨ベースでの額面は変動しませんが、為替によって円評価は変動するため、元々外貨として充てておきたい予算だったのであれば、通常時の運用の代替手段としては充分選択肢になると考えられます。(破綻時も外貨預金では戻ってこない恐れもあることを考えるとリスクが軽減されます。)

 

また日本に住んでいて、これからも日本で過ごす予定の場合、今後10年、20年と考えたときに手を付ける可能性が出てくる予算であれば、円安と感じるタイミングで少しずつ円に戻していくのも選択肢です。いつが最も円安でいつが最も円高なのか、未来を読むことはできないため、概ね有利に見えるタイミングで少しずつ使える形に変換していくことも有効な手段といえます。

この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/05/20~2024/05/24)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car