ネット銀行のメリットとは?人気のネット銀行の選び方!

リリース日:2022/04/01 更新日:2024/01/22

ネット銀行には金利や手数料の面でメリットがある反面、ネット銀行特有のデメリットもあります。特徴をよく理解した上で利用しましょう。主要ネット銀行のなかから、生活パターンごとにおすすめのネット銀行をご紹介しています。

  1. ネット銀行のメリット
  2. ネット銀行の比較ポイントと各行紹介
  3. ネット銀行の注意点(デメリット)

ネット銀行のメリット

ネット銀行のメリット

・各種手数料が安い

コンビニや他行のATM手数料が月○回まで無料、といったサービスはほとんどのネット銀行が導入している基本サービスだといえるでしょう。24時間いつでも好きなときにATMが使えて手数料もかからないというのは大きなメリットです。また、振込手数料に関しても、割引サービスが用意されているケースが多くなっています。

 

・金利が高い

実店舗を構える銀行に比べて、普通預金金利や定期預金金利が高く、住宅ローン金利などは低い傾向にあります。残高やその他の関連サービスの利用がどの程度あるのかによって金利が変動するサービスなど、銀行ごとに特徴があるため、自分にとって最もメリットが大きいネット銀行を選ぶことが大切です。

 

・オンライン上で取引を完了できる

ネット銀行では、口座の開設から資金移動、振り込み、住所変更などの手続きを、すべてオンライン上で行うことができます。いちいち窓口に行く必要がないため、平日は忙しい人でも不自由なく使えます。

 

・リアルタイムの残高を確認できる

「明日が引き落としだけど、今口座にいくら入っているのだろう?」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。通帳のみで残高を管理している場合、記帳しなければ口座にいくらあるのかわかりません。ネット銀行であれば、PCやスマートフォンなどでリアルタイムの銀行残高を確認することができますし、もし不足しているようであれば、近くのコンビニATMなどからすぐに入金をすることもできます。

 

・家計簿ソフトなどと連動して資金管理ができる

家計簿ソフトや資産管理ソフトをネット銀行の口座と連動させることで、資産管理が容易になります。複数の口座の保有資産状況やお金の動きが確認できるので、いちいち自分で資産管理表をつける必要がありません。

ネット銀行の比較ポイントと各行紹介

ネット銀行の比較ポイントと各行紹介

ネット銀行では、どの銀行も独自のサービスを提供しています。自分にとってどのサービスが一番利用しやすいかを考えた上で選ぶようにしましょう。人気のおすすめネット銀行の特徴をご紹介します。

 

1. 楽天銀行

楽天カードの引き落とし銀行に指定したり、楽天証券と連動させたりすることで、さまざまなサービスを受けることができます。楽天ポイントも貯まり、普通預金金利も条件次第では大手銀行の100倍の年0.10%になるなど、バランスよくネット銀行のメリットを受けることができる銀行です。楽天カードや楽天市場ユーザーに、特におすすめです。詳細はこちら

 

※マネーブリッジの優遇金利「年0.10%」の適用は普通預金残高300万円以下の部分のみです。
普通預金残高300万円を超える部分に関しては「年0.04%」の金利が適用されます(2022年4月時点)

 

2. イオン銀行

イオン銀行Myステージのランクによって受けられるサービスが変わります。メイン口座として積極的に使いたい人にはメリットがあるでしょう。イオン内のカウンターで住宅ローンの相談や口座開設ができるなど、ネット銀行でありながら実店舗同様のサービスを受けることもできます。また、イオンATMであれば24時間365日いつでも回数制限なく手数料無料でATMが使えます。イオンのヘビーユーザーにおすすめです。

 

3. 住信SBIネット銀行

他行への振り込みやATM手数料が最大月15回無料など、手数料無料サービスが充実しているのが特徴です。それ以降も手数料が低めのため、振り込み回数が多い人におすすめします。また、住宅ローン金利なども低めです。

ネット銀行の注意点(デメリット)

ネット銀行の注意点(デメリット)

ネット銀行には、メリットだけでなく、注意点やデメリットもあります。ネット銀行にも問題点があることを理解した上で利用しましょう。

 

・インターネットにつながっていないと不便

ネット銀行はインターネットにつながっていない状態で残高の確認などをすることができません。ATMに行ってキャッシュカードで残高確認や振り込みをすることはできますが、自宅で手軽に通帳を眺めてチェックするということはできないのです。

 

この問題は、災害時においても発生します。災害時にインターネットやATMなどが使えなくなったとしても、実店舗がある銀行であれば、窓口で現金を引き出すことができるでしょう。しかし、ネット上にしか店舗がないネット銀行では、このようなことはできません。

 

・パスワードなどがわからなくなるリスク

ネット銀行では、セキュリティに万全を期すため、取引までにいくつものIDやパスワードの入力を求めるといった工夫をしています。そのため、ユーザー側がパスワードやIDを忘れてしまうリスクが高まってしまいます。パスワード管理をどのようにするのかについては、考えておく必要があるでしょう。

 

・一部利用できないサービスがある

サービスの種類によっては、インターネットバンキングでは手続きができないものもあります。たとえば、小規模企業共済などは、インターネット専業銀行では取り扱っていません。

 

・セキュリティに注意する必要がある

ネット銀行は手軽に自分でアクセスできる分、セキュリティを注意して使う必要があります。ネット銀行各社でも様々な対策を行なっているので、対策がしっかりしているかどうかをネット銀行選びの基準にするべきでしょう。ただ、2008年には全国銀行協会から「インターネットバンキングで預金を不正に引き出された際、銀行に過失がない場合でも、預金者に過失がなければ全額補償する」と発表されているので過度に心配する必要はありませんが、自身でもパソコンのウイルス対策などを行なっておくと良いでしょう。 

 

 

メリットとデメリットを理解した上で、自分に合ったネット銀行を選びましょう。

平林恵子
この記事を書いた人
ファイナンシャル・プランナー
平林恵子

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

人事労務関係の仕事からライターへ転身。経験を活かしてコラム執筆を行っています。2017年、見識を深めるためにFPの資格を取得しました。税金や給与計算などに詳しくない方にもわかりやすい解説を心がけています。

この記事をチェックした人にはコチラ!

この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/05/20~2024/05/24)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car