楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー

楽天e-NAVIへログイン

現在地
トップ > 会員規約・各種特約・サービス規約等について > 楽天e-NAVIご利用規約

楽天e-NAVIご利用規約

第1条(利用規約)
本規約は、楽天カード株式会社(以下「当社」という)が発行するカード会員(以下「会員」という)が、当社がインターネット上で運営する「楽天e-NAVIサービス」(以下「本サービス」という)を利用する際に会員に適用されるものとします。

第2条(利用会員およびその利用開始手続き)
1.本サービスの利用申込みができる会員は、カード表面にカード会員名が印字された個人本人カード会員とします。
2.本サービスの利用を希望する会員は、本規約を承認し、インターネット上で、カードの会員番号、Eメールアドレス、その他本サービス所定の項目を入力の上、ID・パスワード(以下、「認証情報」という)を申請することとし、認証情報の登録をもって、利用開始手続きが完了したものとします。なお、利用開始手続きに必要な所定の項目は、当社が随時変更できるものとします。(当該利用開始手続きを行った会員を以下「利用会員」という)
3.利用会員は、Eメールアドレスなど、登録した内容に変更があった場合は、遅滞なく本サービス所定の方法にて当社に通知するものとします。
4.利用会員は、本サービス所定の方法で申請することにより、本サービスの利用を中止することができるものとします。

第3条(IDおよびパスワード)
1.会員は、IDの登録の際に、自らパスワードを指定するものとします。 ID及びパスワードが会員の意に反して第三者に知られた場合及び失念した場合、会員は直ちに当社にその旨を通知して当社の指示に従うものとします。
2.会員は、ID及びパスワードの管理及び使用について責任を負うものとします。ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤または第三者による不正利用等による損害については、当社は一切その責を負わないものとします。
3.会員は、理由の如何を問わず、ID及びパスワードを第三者に使用させてはならないものとします。
4.会員は、ID及びパスワードが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には、直ちに当社にその旨を通知するとともに、最寄の警察署に届け出るものとし、当社からの指示がある場合にはこれに従うものとします。 また当社への通知は、改めて文書で届け出ていただく場合があります。

第4条(本規約の適用および変更)
当社は、会員の承諾を得ることなく、当社が適当と判断する方法で会員に通知することにより本規約を変更できるものとします。

第5条(変更の届出)
会員は、楽天e-NAVIサービス利用開始手続きの際届け出た内容に変更があった場合、すみやかにその旨を当社が指定する方法により届け出るものとします。

第6条(本サービスの運営および中止ならびに追加・変更)
1.本サービスの提供は、当社が定めた所定の時間に行うものとします。
2.当社は、事前に告知なく以下の理由により本サービスの運営を一時停止・中止する場合があります。
(1)本サービス運営に必要な機器、システムの保守点検
(2)システムの切替による設備更新
(3)天災、災害による装置の故障
(4)その他当社が必要と判断した場合
3.本サービスの一時停止または中止に起因して生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものとします。
4.当社は、WEBサイトに公開するなどの所定の方法で利用会員に通知することにより、本サービスを任意に追加、変更、中止できるものとします。その結果、利用会員に不利益が生じても、当社は一切責任を負わないものとします。

第7条(禁止事項)
1.利用会員は次の行為を行わないものとします。
(1)本サービス利用開始手続きを行う際、虚偽の情報を送信・登録する行為
(2)本サービスによって得られた情報を営利行為に利用する行為
(3)法令に違反する行為、または違反する恐れのある行為
(4)本サービスの権利の譲渡にあたる行為
(5)その他、当社が不適当と認めた行為
2.本サービスの内容、情報など本サービスに含まれる著作権、商標その他の知的財産権等は、すべて当社その他の権利者に帰属するものであり、利用会員はこれらの権利を侵害し、または侵害するおそれのある行為をしないものとします。

第8条(登録の抹消)
当社は、以下の場合には登録された認証情報を利用会員に事前事後に通知することなく削除し、利用登録を抹消できるものとします。
(1)利用会員が退会するなど、楽天カード会員資格を喪失した場合
(2)利用会員が認証情報登録の際、もしくは本サービス利用の際に虚偽の申告、登録をした場合
(3)利用会員がカード不正使用によって被害が発生したときや、当社に届け出た氏名、勤務先、住所、カード代金支払口座等に変更があり、直ちに当社所定の届出用紙により手続きを行わなかった場合など正確な本サービスの提供が困難と予測される場合
(4)利用会員が本規約、当社会員規約に反する行為をするなど、当社が不適当と認めた行為を行った場合

第9条(通知)
1.本サービスの利用及び本規約に基づく会員宛の諸通知は、会員が申し出た電子メールアドレスに通知内容が到達した時をもって、到達したものとします。
2.電子メールの管理を行うプロバイダーのコンピュータシステムの事故、電子メールアドレスの変更を行ったにもかかわらず変更後の電子メールアドレス等の届け出を行わなかった場合は、最終届け出の電子メールアドレスに宛てて諸通知の内容を送信した時をもって到達したものとします。

第10条(個人情報の取扱い)
1.当社および提携会社等は、利用会員が登録した情報を個人情報として厳重に管理し、次のいずれかに該当する場合以外は第三者に開示、提供しないものとします。
(1)利用会員が同意する場合
(2)法令等により開示が求められた場合
(3)当社および提携会社等が業務を委託した事業者に、委託業務の処理に必要な範囲で提供する場合
(4)当社および提携会社等の権利、または財産を当然に保護する必要がある場合
2.当社は、前項の個人情報を、当社の通常の営業活動目的や顧客に有益と思われる情報提供に利用できるものとします。また、統計情報などに加工して利用できるものとします。

第11条(免責事項)
1.当社および提携会社等は、本サービスより得られた情報の正確性・有用性等を保証するものではありません。また、サービス利用により生じたいかなる損害についても、当社および提携会社等は一切責任を負わないものとします。
2.本サービスにおいて当社が採用する暗号技術を含めたシステム上の安全対策等は、当社が妥当と判断したものであり、当社がその完全性、安全性等を保証するものではありませんが、利用会員は本サービスの利用に際し、公衆回線、専用電話回線、インターネット等の通信経路の特性および、当社が採用するシステム上の安全対策等について了承しているものとみなします。

第12条(準拠法)
利用会員と当社との諸契約に関する準拠法は、すべて日本法とします。

第13条(合意管轄裁判所)
本サービスの利用に関して当社と利用会員とに生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


家族カード会員の楽天e-NAVIご利用に関する特約
第1条(利用規約)
本規約は、楽天カード株式会社(以下「当社」という)がインターネット上で運営する「楽天e-NAVIサービス」を家族カード会員(以下「家族会員」という)が利用するにあたって、当該家族カードをお申込みいただいた本カード会員(以下「本会員」という)に対し適用されるものとします。

第2条(利用会員およびその利用開始手続き)
1.家族会員が楽天e-NAVIをご利用いただく場合は、本会員が本特約を承認し、家族会員がインターネット上で、本サービス所定の項目を入力の上ID・パスワード(「認証情報」という)を申請することとし、認証情報の手続きをもって、利用手続きが完了したものとします。なお、手続きに必要な所定の項目は、当社が随時変更できるものとします。
2.家族会員は、本サービス所定の方法で申請することにより、本サービスの利用を中止することができるものとします。

第3条(家族会員が楽天e-NAVIで利用できる機能について)
1.家族会員は、自分自身の属性情報及び自分自身のカード利用情報等を楽天e-NAVIにて閲覧できるものとします。
2.家族会員は、楽天e-NAVI内で実施中の各種サービスをご利用・お申込みできるものとします。
3.家族会員は、各種キャンペーンへのエントリーおよび自分自身のエントリー履歴の閲覧ができるものとします。

第4条(通知)
家族会員が楽天e-NAVIにて、キャンペーンエントリー、各種お申込み、お手続きした場合、当社は、本会員の電子メールアドレスに通知できるものとします。また、本会員宛への通知は、当社からの重要なお知らせを希望しない場合でも通知できるものとします。


楽天ユーザIDでの認証に関する特約
第1条(目的)
本規約は、楽天カード株式会社(以下「当社」という)がインターネット上で運営する「楽天e-NAVIサービス」を利用するため、当社のカード会員且つ「楽天e-NAVIサービス」利用規約を承認し、利用開始手続きを行ったカード会員(以下「会員」という)のうち、楽天株式会社の会員登録をした個人(以下「楽天会員」という)に適用されるサービス(以下「特約サービス」という)について規定するものとします。

第2条(特約サービスについて)
1.特約サービスは、「楽天e-NAVIサービス」の利用において、当社が会員に貸与するID・パスワードに加えて、「楽天e-NAVIサービス」利用開始手続き時に、会員が指定する楽天ユーザIDを追加の認証情報として取り扱うものです。
2.会員は、会員が指定する楽天ユーザIDを認証情報とするにあたり、当社が楽天ユーザIDの有効性を楽天株式会社に確認するとともに、楽天株式会社が保有する固有のIDの提供を受け、且つそれを当社がIDと紐付けて保有することに同意するものとします。
3.当社は、会員が指定する楽天ユーザIDの有効性が確認された場合、「楽天e-NAVIサービス」の認証情報として取り扱い、当社があらかじめ紐付けて管理しているIDに変換し「楽天e-NAVIサービス」利用を会員に提供するものとします。
4.当社は、会員が指定する楽天ユーザIDの有効性が確認できなかった場合、「楽天e-NAVIサービス」利用を会員に提供しないものとします。
5.会員が楽天会員の資格を喪失した場合、会員は新たに取得した楽天ユーザIDを追加の認証情報として当社に指定し、「楽天e-NAVIサービス」の利用開始手続きを行なうものとします。
6.当社は、会員が指定する楽天ユーザIDの有効性が確認された場合、当該利用を当該会員本人による利用とみなし、楽天ユーザIDの盗用、不正使用等により会員に生じた損害については、一切責任を負いません。

第3条(楽天e-NAVIサービスの利用)
1.会員が、「楽天e-NAVIサービス」を利用する際には、楽天ユーザID・パスワードを入力するものとします。
2.楽天ユーザID・パスワードの未取得会員は、特約サービス利用開始に際して楽天ユーザID・パスワードを必ず取得するものとします。

第4条(楽天会員登録について)
会員は、会員本人の意思で、楽天株式会社に対して楽天会員登録を別途申し込むものであり、楽天株式会社と会員間で発生する権利、義務等に関して、当社が関与するものではありません。


以上



楽天×FCバルセロナ 特設ページ