日本人死因ランキング1位は●!その要因は?備えておいた方がいいこととは?

リリース日:2017/10/11 更新日:2018/06/08

ここ30年以上、日本人の死因第1位となっているのはがん(悪性新生物)です。昔は結核や脳血管疾患が1位でした。昔と今との死因ランキングを比較すると、がん患者がめざましく増えていることがわかります。果たしてその要因はどこにあるでしょうか?

日本人死因ランキング1位は●!その要因は?備えておいた方がいいこととは?

主な死因の推移

厚生労働省の人口動態調査によると、1950年までは結核、1951年~1981年は脳血管疾患、1981年以降はがんが死因の1位となっています。


1950年の死因は、1位結核、2位脳血管疾患、3位肺炎及び気管支炎、4位胃腸炎、5位がんの順でした。


最新の2015年の結果を見てみると、1位がん、2位心疾患、3位肺炎、4位脳血管疾患、5位老衰となり、以下不慮の事故、腎不全、自殺と続いています。2015年の死亡者全体に対して、およそ3.5人に1人ががんで亡くなっている計算です。男性では肺がん、女性は大腸がんが最も多くなっています。

がん患者が増加した要因

日本でのがん患者が増えた大きな要因としては、高齢化が挙げられます。がんは遺伝子異常の積み重ねによって生じるので、長生きするほどリスクが増えるのです。


生活習慣の悪化もひとつの要因です。たばこの吸いすぎが肺がんのリスクを高めることはよく知られていますが、脂っこい食事や運動不足も内臓に負担をかけてしまいます。

さらに、日本人はがん検診の受診率が低いというデータもあります。早期に発見すれば治るがんであっても、手遅れになってしまうケースが少なくありません。

備えあれば憂いなし

生活習慣の改善や、がん検診の受診によって、がんによる死亡率を低下させることができるでしょう。しかしながら、誰もががんになる可能性を秘めています。がん検診で早期に発見できたとしても、満足な治療が受けられなくては意味がありません。万が一に備えて、がん保険の加入を検討することも重要です。

宮島ムー
この記事を書いた人
ファイナンシャル・プランナー(2級FP技能士)/宅地建物取引士
宮島ムー

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

関西に住む子育て中の主婦です。 お金や不動産に興味があり、日商簿記1級・FP2級・宅建などの資格を独学で取得しました。 記事ではなるべく専門用語を使わず、わかりやすく説明するよう心がけています。

この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/06/11~2024/06/15)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car