FX取引で狙うべき時間帯はいつ?FX投資の基礎からやさしく解説

リリース日:2019/12/25 更新日:2023/08/31

FXは、24時間取引ができる投資手法として知られていますが、実は、投資に適した時間とそうでない時間があります。FXの基礎知識とともに、FX取引をするときに覚えておきたい「時間の特徴」をご紹介します。

FX取引で狙うべき時間帯はいつ?FX投資の基礎からやさしく解説
  1. FX取引の基礎知識
  2. 時間帯と通貨ペアの関係
  3. いつ取引するのがいい?

FX取引の基礎知識

FX取引の基礎知識

世界には様々な通貨があり、それぞれの通貨間の交換レートは刻々と移り変わっています。日本の通貨は「円」で、1円の価値は明日も1円で変わることはありませんが、ドルを基準に考えると、日本の円の価値は日々移り変わっているのです。逆に1ドルが何円なのかも日々上下しています。FXというのは、このような「それぞれの国の通貨の値動き」を利用してお金を儲ける投資手法のことです。

・FXの「通貨ペア」
FXでは、最初にどの通貨で取引をするかを決めます。たとえば、円とドルであれば、「米ドル/日本円(USD/JPY)」という通貨ペアで取引を行います。円とユーロなら、「ユーロ/日本円(EUR/JPY)」ですね。

このような通貨ペアは、必ずしも円を含める必要はなく、「ユーロ/ドル(EUR/JPY)」なども可能です。ただし、そうなると利益も外国の通貨で表示されることになるので、損得がわかりにくいということにもなりかねません。初心者の場合、円でペアを組むのがおすすめです。

ちなみに、円がからむ通貨ペアの中で、もっとも頻繁に取引をされているのは米ドルです。それぞれの通貨ペアには独自の特徴がありますが、初心者は「米ドル/日本円(USD/JPY)」から始めるのが無難でしょう。

・FXの「買い」
1ドルが100円のときに1,000ドルを買った場合の金額は10万円です。これを1ドルが110円になったときに売ることができれば、11万円になりますから、1万円の儲けになります(スプレッド等を考慮しない場合)。つまり、「これからドルが値上がりする」と思ったら、「買い注文」を出すということですね。

・FXの「売り」
FXでは、持っていない通貨を「売る」こともできます。FXの会社に預けた証拠金を担保に、買いたい外国通貨をFX会社から借りることができるのです。借りた外貨について利息がかかることはなく、返済期限もありません。

これを「空売り」といいます。この制度を利用することで、買いから始めるのではなく、売りから取引を始めることができるのが、FXの大きな特徴です。
「売り」で儲ける流れは以下の通りです。

1ドルが100円のときに、1,000ドルを売った場合、日本円で10万円が手に入ります。これを1ドルが90円のときに買い戻せば、9万円で100ドルを手に入れることができ、差額の1万円が儲けになります(スプレッド等を考慮しない場合)。買いとは反対に、「これからドルが値下がりする」と思ったら、「売り注文」を出すのがいいということですね。

なお、スプレッドとは、FXを利用する上での手数料のようなもので、「買い」と「売り」の金額差のことです。スプレッドは原則固定のFX会社が多いものの、市況によっては変更されることもあります。また、スプレッドは通貨ペアによって異なります。コストを抑えたいのであれば、スプレッドの低いFX会社を選びましょう。

・FXの「レバレッジ」
FXには、レバレッジという独自の仕組みがあります。これは、実際にFX会社に入金した金額以上の金額を取引することができるというものです。

レバレッジは、国内のFX会社の場合最大25倍までですが、レバレッジを大きくしすぎると、自分の保有資産(証拠金)よりもずっと高額の取引を行うことになってしまうため、それだけ大きな損失が出るリスクも高くなってしまいます。2~5倍程度から始めるのがおすすめです。

時間帯と通貨ペアの関係

時間帯と通貨ペアの関係

FXでは、よく「平日24時間取引可能」という点がメリットとして語られます。しかし、実際に24時間取引が可能だったとしても、取引が活発になる時間帯は限られてきます。

たとえば、日本の場合、株式市場が開いている9時から15時、あるいはその少し前の8時から15時が取引の活発化する時間です。日本と時差が少ないアジア圏も、この時間帯に取引が行われることが多いでしょう。

取引をしている人が多いということは、それだけ値動きも活発ということです。また、株式市場が開いている時間帯であれば、株価の値動きを見ながら為替の値動きを推察することもできます。

一方、アメリカ(ニューヨーク)の場合、日本時間の22時から6時頃が値動きの激しい時間帯です。特に、22時から24時は、ニューヨークとロンドンの両方の市場が開いていることから、非常に取引が活発になります。




いつ取引するのがいい?

いつ取引するのがいい?

FX取引は、取引をしている人が多く、値動きが活発な時間帯に行うのがおすすめです。日本円でペアを組んでいるのであれば、9時から15時ということですね。

とはいえ、会社員の中には、その時間に取引ができない人も多いでしょう。そういう場合は、通貨ペアを組んでいる国の市場が開いている時間を狙ってみましょう。どちらも閉まっている時間はあまりおすすめできません。円ドルで取引を行っているのであれば、通勤前の早朝に取引をするよりは、退社して夕食を済ませてから取引をする方がベターということです。


また、楽天証券ではFXの商品性に特化した「マーケットスピード」や「iSPEED FX」などの無料の取引ツールを提供しています。ほかにも楽天証券でFX投資をはじめる魅力はいっぱいなので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

平林恵子
この記事を書いた人
ファイナンシャル・プランナー
平林恵子

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

人事労務関係の仕事からライターへ転身。経験を活かしてコラム執筆を行っています。2017年、見識を深めるためにFPの資格を取得しました。税金や給与計算などに詳しくない方にもわかりやすい解説を心がけています。

この記事をチェックした人にはコチラ!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。なお、本コンテンツは、弊社が信頼する著者が作成したものですが、情報の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問等には一切お答えいたしかねます。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。あらかじめご了承ください。

LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/07/16~2024/07/20)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car