NHKの受信料はクレジットカード払いができる!メリットや変更方法について解説

リリース日:2023/12/22 更新日:2023/12/22

ここでは、NHKの受信料はクレジットカード払いができるか、NHK受信料をクレジットカード払いにするメリットなどを解説します。NHK受信料をクレジットカード払いにするべきかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

  1. NHK受信料はクレジットカードで支払いができる!
  2. NHK受信料をクレジットカード払いに変更する方法
  3. NHK受信料をクレジットカード払いにするメリット
  4. クレジットカードの有効期限が切れたら速やかに手続きを!
  5. NHK受信料はクレジットカードでお得に支払おう

NHK受信料はクレジットカードで支払いができる!

NHKの受信料は、「クレジットカード払い」が可能です。支払い可能な方法にはクレジットカード以外にも、「口座振替」や「払込用紙による振込」があります。

利用可能なクレジットカード

NHKの受信料の支払いができるクレジットカードの国際ブランドは、以下のとおりです。

 

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

NHKの受信料をクレジットカード払いにしたい場合は、これらのいずれかの国際ブランドのクレジットカードを用意しましょう。

NHK受信料をクレジットカード払いに変更する方法

NHK受信料をクレジットカード払いに変更するためには、「インターネットで手続きをする」または「お手続き用紙を利用する」の2つの方法があります。

 

インターネットで手続きをする場合は、お手続き画面で名前・住所・連絡先・クレジットカード番号などを入力して申請します。変更手続きは画面上のみで完了し、手続き確認後にはメールで通知が届きます。

 

お手続き用紙で手続きをする場合は、NHKの公式サイトにある「お手続き用紙をダウンロードする」のボタンを押して、お手続き用紙を印刷して必要事項を記入のうえ、郵送します。

 

ご自宅で印刷できない場合は、お手続き用紙をインターネット請求して郵送してもらい、必要事項を記入のうえ返送しましょう。お手続き用紙を郵送してもらう場合、届くまでに2週間前後かかる可能性があるのでその点には注意が必要です。




NHK受信料をクレジットカード払いにするメリット

NHK受信料をクレジットカード払いにするメリットとしては、主に以下が挙げられます。

 

  • クレジットカードのポイントが貯まることがある
  • 払込用紙による振込に比べて月額料金がお得である
  • 支出管理がしやすくなる

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

クレジットカードのポイントが貯まることがある

クレジットカード払いをすると、クレジットカードのポイントが貯まることがあります。貯まったポイントは提携ポイントや商品との交換、クレジットカードの月々のお支払いに充当することが可能です。

 

NHKの受信料は固定費となるので、クレジットカード支払いで毎月ポイントを貯められるのはお得です。

払込用紙による振込に比べて月額料金がお得である

NHKの受信料を支払う方法は、上述したように「クレジットカード払い」「口座振替」「払込用紙による振込」の3種類があります。

 

クレジットカード払いか口座振替で支払う場合、払込用紙による振込と比べて受信料が安くなります。支払い方法を変えるだけで受信料が安くなるので、払込用紙による振込を選択している方は、クレジットカード払いを検討するのがおすすめです。

支出管理がしやすくなる

固定費にあたるものはNHKの受信料以外にも、光熱費や通信費などがあり、いずれもクレジットカード払いに対応していることがあります。

 

支払い方法を口座振替などにしておくと、毎月別々の日に支払いが行われますが、NHKの受信料を含む固定費をクレジットカード払いに集約することで毎月決まった日にまとめて支払いが行われるので支出管理がしやすいです。

 

なお、クレジットカードによっては家計簿と連携できるものもあるので、このようなクレジットカードを保有することで、より支出管理が容易になります。

クレジットカードの有効期限が切れたら速やかに手続きを!

クレジットカードにはそれぞれ有効期限が設けられており、有効期限が過ぎたクレジットカードは支払いができません。今までNHKの受信料の支払いに利用していたクレジットカードの有効期限が切れた場合、新たなクレジットカードへの変更手続きが必要になります。

 

クレジットカード変更手続きはNHKの公式サイト「受信料の窓口」の「お支払い方法・コースの変更」より行うことができます。

NHK受信料はクレジットカードでお得に支払おう

NHK受信料は口座振替や払込用紙による振込などでも支払えますが、クレジットカード払いがおすすめです。

 

クレジットカード払いには、ポイントが貯められることがある、払込用紙による振込に比べて受信料が安くなるなどのメリットがあります。

なお、NHKの受信料をクレジットカード払いにするために、これから新たにクレジットカードを申し込もうとお考えの方には、楽天カードがおすすめです。

 

楽天カードは、年会費永年無料で維持費を気にすることなく利用できます。また、基本のポイント還元率が1%(※)、セキュリティ対策がしっかりしている、付帯サービスが充実しているなど、クレジットカードとして使いやすい特徴をいくつも備えています。

 

新たにクレジットカードを申し込もうとお考えの方は、ぜひ楽天カードを検討してみてください。

 

【年会費永年無料】楽天カードに申し込む

 

(※)一部ポイント還元の対象外、もしくは、還元率が異なる場合がございます。詳細はこちら

 

※この記事は2023年12月時点の情報をもとに作成しております。

年会費無料でポイントが貯まる!楽天カード

楽天カード
  • 年会費が永年無料
  • 100円につき1ポイント貯まる
  • 安心のセキュリティ

※一部ポイント還元の対象外、または還元率が異なる場合がございます。ポイント還元について詳細を見る

このテーマに関する気になるポイント!

  • NHK受信料を支払う方法は?

    「クレジットカード払い」「口座振替」「払込用紙による振込」のいずれかで支払うことができます。

  • NHK受信料をクレジットカード払いにするメリットは?

    クレジットカードのポイントを貯められることがある、払込用紙による振込に比べて受信料が安くなる点などがメリットとして挙げられます。

  • NHK受信料の支払いに利用しているクレジットカードの有効期限が切れた場合は?

    NHKの公式サイト「受信料の窓口」の「お支払い方法・コースの変更」から、新しいクレジットカードを登録しましょう。

川上俊介
この記事を書いた人
川上俊介

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

不動産広告の営業マンを経て、現在はフリーランスのライターとして活動中。 クレジットカードに関する知識を分かりやすく伝えることを目指しています。 私生活でもいろいろなクレジットカードを使い分けながら、自分にとって最適な使い方を模索中。毎月貯まっていくポイントを見ながらその使い方を考えるのが、ひそかな楽しみです。趣味はラーメンの食べ歩きです。




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/07/16~2024/07/20)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car