払込取扱票はクレジットカードで支払える?支払い方法やメリットを解説

リリース日:2023/09/28 更新日:2024/06/04

ここでは、払込取扱票の支払いをクレジットカードで行う方法について解説します。クレジットカードで直接支払えないときでも、スマホ決済アプリなどを使うと間接的に支払えるようになる場合があります。払込取扱票を利用するときの注意点なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  1. 払込取扱票は原則としてクレジットカードで支払えない
  2. 払込取扱票をクレジットカードで支払う方法
  3. 払込取扱票を利用するときの注意点
  4. 窓口で払込取扱票を利用せず、クレジットカードでの支払いを選ぶメリット
  5. 払込取扱票の支払いでもクレジットカードの利用を検討しよう

払込取扱票は原則としてクレジットカードで支払えない

払込取扱票とは、お金を払い込む際に記入する書類です。公共料金や税金の支払いで利用している方もいるでしょう。「コンビニ振込用紙」や「コンビニ払込票」などと呼ばれることもあります。

 

払込取扱票を利用できる場所は、払込取扱票の裏面などに記載されています。主にコンビニや金融機関の窓口などで対応していますが、さまざまな場所で取り扱われています。

 

払込取扱票は、原則として現金で支払います。電子マネーやスマホ決済アプリを使って支払えることもありますが、払込取扱票の種類やコンビニによって対応は異なるため注意が必要です。

 

なお、次に解説する方法を利用すれば、クレジットカードでも支払いができる場合があります。

払込取扱票をクレジットカードで支払う方法

次の方法を利用すると、払込取扱票の支払いをクレジットカードで行える場合があります。

 

  • スマホ決済アプリなどにクレジットカードでチャージして支払う
  • コンビニと提携しているクレジットカードで支払う

以下でそれぞれについて解説します。

スマホ決済アプリなどにクレジットカードでチャージして支払う

払込取扱票に専用のバーコードが付いている場合、スマホ決済アプリや電子マネーを使って、払込取扱票の支払いができます。

 

支払いに利用するスマホ決済アプリや電子マネーとクレジットカードを紐づければ、間接的にクレジットカードで払込取扱票の支払いが可能です。

コンビニと提携しているクレジットカードで支払う

コンビニと提携しているクレジットカードであれば、そのコンビニに限り、払込取扱票の支払いに対応していることがあります。

 

クレジットカードで直接支払うため、電子マネーやスマホ決済アプリを提示したり、チャージしたりする必要がありません。

 

ただし、コンビニによって対応が異なるため、支払いが可能な範囲が限られます。

払込取扱票を利用するときの注意点

払込取扱票を使って支払いをするときは、次の点に注意が必要です。

 

  • 事前に払込取扱票への記入が必要な場合がある
  • 払込取扱票で支払う際に手数料がかかることがある

スムーズな支払いのためにも、事前に確認しておきましょう。

事前に払込取扱票への記入が必要な場合がある

払込取扱票によっては、支払う方の氏名や電話番号などの記入が必要なものもあります。

 

支払い窓口で記入できるケースもありますが、混雑しているときなどにはほかの利用者に迷惑になるかもしれません。事前に記入箇所の有無を確認してから窓口に持参しましょう。

払込取扱票で支払う際に手数料がかかることがある

払込取扱票によっては、払込手数料がかかることがあります。

 

電子マネーなどでチャージしてから支払うときは、手数料分も忘れずにチャージしておきましょう。

窓口で払込取扱票を利用せず、クレジットカードでの支払いを選ぶメリット

払込取扱票での支払いを行うときは、専用のバーコードが付いているならクレジットカードをスマホ決済アプリや電子マネーと紐づけて支払うことがおすすめです。

 

また、支払い方法でカード払いが選べる場合は、最初から払込取扱票での支払いではなくカード払いを選択するのもひとつの手段です。

 

クレジットカードで支払うと、次のメリットがあります。

 

  • コンビニなどの窓口に行かなくても支払える
  • クレジットカードのポイントが貯まることがある
  • 支払い履歴を利用明細で確認できる

それぞれのメリットを見ていきましょう。

コンビニなどの窓口に行かなくても支払える

カード払いなら、支払いサイトでカード情報を登録するだけで支払いができます。また、スマホ決済アプリや電子マネーとクレジットカードを紐づけて支払う場合も、手元に払込取扱票があればその場で支払いが行えます。

 

コンビニなどの窓口に行く必要がないので、忙しいときにも役立つ支払い方法です。

 

ただし、支払いサイトやスマホ決済アプリなどがメンテナンスを行っている時間帯は支払いができないことがあるため、注意が必要です。

クレジットカードのポイントが貯まることがある

クレジットカードによっては、公共料金や税金の支払いでもポイントが進呈されることがあります。

 

また、スマホ決済アプリや電子マネーは、特定のクレジットカードからのチャージでポイントが貯まる場合があります。

 

ただし、システム利用料などの手数料が発生する場合、支払い金額によっては手数料のほうがポイントの価値より高くなることも考えられます。支払い前に還元率や手数料をよく確認しましょう。

支払い履歴を利用明細で確認できる

カード会社によっては、会員サイトやアプリから利用明細を確認できます。いつ何にいくら支払ったのかを可視化できるため、支出の管理に役立つでしょう。

 

一方、現金の場合は、支払いを管理するには領収証書を保存しておかなければいけません。手間がかかるだけでなく、紛失する可能性もあります。

払込取扱票の支払いでもクレジットカードの利用を検討しよう

原則として、払込取扱票の支払いはクレジットカードでは行えません。しかし、クレジットカードと紐づけたスマホ決済アプリや電子マネーが利用できたり、コンビニと提携したクレジットカードなら支払いが可能だったりするケースがあります。

 

クレジットカードでの支払いはポイントが貯まる場合があったり、利用明細で支出の管理がしやすかったりするなどのメリットがあるため、支払い方法が選べる場合は払込取扱票の支払いではなく最初からカード払いを選択するのも良いでしょう。

なお、公共料金や税金の支払いでクレジットカードを利用したい方は、楽天カードがおすすめです。

 

楽天カードは、税金や公共料金の支払いにも対応しているクレジットカードです。税金や公共料金の支払いでも、500円につき1ポイントの楽天ポイントが進呈されます。

 

 

この機会に楽天カードをぜひご検討ください。

 

【年会費永年無料】楽天カードに申し込む

 

※この記事は2023年9月時点の情報をもとに作成しております。

年会費無料でポイントが貯まる!楽天カード

楽天カード
  • 年会費が永年無料
  • 100円につき1ポイント貯まる
  • 安心のセキュリティ

※一部ポイント還元の対象外、または還元率が異なる場合がございます。ポイント還元について詳細を見る

このテーマに関する気になるポイント!

  • 払込取扱票などの料金はクレジットカードで支払える?

    原則としてクレジットカードでの支払いには対応していません。ただし、方法によっては可能な場合があります。

  • 払込取扱票をクレジットカードで支払いたい場合はどうすればいい?

    スマホ決済アプリや電子マネーでの支払いに対応している場合は、クレジットカードでスマホ決済アプリや電子マネーにチャージして支払う方法があります。また、コンビニによっては特定のクレジットカードであれば公共料金や税金の支払いができることもあります。

  • 払込取扱票を利用するときの注意点は?

    氏名や住所などの記入が必要な払込取扱票もあります。スムーズに支払うためにも、事前に必要事項を記入しておきましょう。また、払込手数料が必要なケースもあります。

林泉
この記事を書いた人
ファイナンシャル・プランナー
林泉

※本著者は楽天カード株式会社の委託を受け、本コンテンツを作成しております。

大学1年生からクレジットカードを使う生活を開始。留学中は家族カードで日々の支払いを管理していました。現在はファイナンシャルプランナーとしての知見を活かし、クレジットカードを使ったシンプルな家計管理を実践中です。




LINE友だち追加
Instagramフォロー
この記事をシェアする

よく読まれている記事 (掲載期間: 2024/07/08~2024/07/12)

はじめよう、いつか、君が困らないように

ラストメッセージ

人生の最期の日、その日は全ての人に必ず訪れます。あなたの遺すメッセージ・言葉は、これから先の未来を生きていく人にとって大きな励みになります。

参加者募集中

みんなのマネ活コミュニティ

みんなのホンネ

あなたの1票は多数派?少数派?みんなのホンネは投票後すぐにグラフに反映。Let'sポチっと投票!

 

  • Q&A
  • マネ活ラッキーくじ
  • 今月のマネー運占い|中嶋マコト先生の九星気学
  • 中途採用募集中!楽天カードで一緒に働きませんか?
  • あなたは何問わかるかな?マネ活クイズ
  • 楽天モバイル
  • 楽天Bic
  • 楽天グループ若手社員座談会
  • 楽天ビューティ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天インサイト
  • 楽天ウォレット
  • 楽天スーパーDEAL
  • 楽天レシピ
  • 楽天西友ネットスーパー
  • 楽天ママ割
  • 楽天モバイル_スマ活
  • 楽天生命保険
  • 楽天市場
  • FinTech学割
  • 楽天損保
  • 楽天みん就
  • 楽天エナジー
  • 楽天Car