SUMMER BOOK & MOVIE

季節で選ぶこの一作

SELECTED BY SHUNSUKE MORI KON ARIMURA

森俊介さんオススメの
夏に読みたい一冊

『TUGUMI つぐみ』

吉本ばなな 著
(中公文庫)

¥457+税

『TUGUMI つぐみ』

夏。本。この二つのキーワードで僕が思い出すのは、読書感想文。小さいころから本は好きだったけれど、宿題のために本を開くのはとても気が重かったのを覚えています。『TUGUMI』はそんな気乗りしない中、中学の夏休みに初めて読んだ本。“つぐみ”という病弱で性格の悪い女の子。彼女と少女時代をすごした海辺の町に最後の帰省をした、夏の思い出の物語。国語の教科書やセンター試験にもつかわれていたので、知っている人、読んだことがある人も多いのではないでしょうか。これまで何度読み返したかわからないのですが、大好きな本の内容を忘れてしまえる自分の記憶力を呪う一方で、大好きな本を何度も楽しむことができるのは、とても贅沢なことだと感謝もしています。読んだことがない人、読んだけれどあまり覚えてない人にぜひ手に取ってほしい一冊です。

森俊介

森俊介/Shunsuke Mori
「森の図書室」代表、図書委員長
大手企業から脱サラし、渋谷に「本と人がつながる場所」を作るために「森の図書室」をオープン。クラウドファンディングで出資者を募り、約1ヶ月で計953万円の資金を集めた。

有村昆さんオススメの
夏に観たい一作

『フレンチ・コネクション』

ウィリアム・フリードキン 監督

発売・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
DVD¥1,419+税

『フレンチ・コネクション』

今までの映画製作の手法を覆した演出が素晴らしい。NYの街中で、電車を車で追いかけるシーンがありますが、なんと警察に無許可で車を暴走させ信号を無視し撮影しています!スピードは140キロ出ているといいます。今では当然ながら絶対にダメですよね。車同士が衝突しているシーンなどは普通に事故なんです。またテープを遅く回しながら撮影し、それを通常のスピードに再生させると、猛スピードで走っているように見せる演出もさすがとしか言いようがありません。フリードキンの「エクソシスト」のホラーも合わせて暑い夏にオススメしたいです

有村昆

有村昆/Kon Arimura
パーソナリティ・映画コメンテーター。年間500本の映画を鑑賞。最新作からB級映画まで幅広い見識を持つ。テレビ番組や雑誌などで映画コメンテーターとして活躍しているほか、ラジオ番組のパーソナリティとしても活動。