「クレジットカードを利用した現金化」は厳禁です

「クレジットカードを利用した現金化」とうたった広告がインターネット等にありますが、
これは本来、商品やサービスの支払いをするために設定されているクレジットカードの利用範囲を換金目的で利用することです。
また、現行紙幣・貨幣などをクレジットカードで購入する事もクレジットカードを利用した現金化に該当する行為です。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は厳禁です!!

クレジットカードを利用した現金化は会員規約で禁止しています

クレジットカードには商品やサービスの支払いを目的とした「ショッピング」の機能と、
お金を借り入れる「キャッシング」の機能があり、それぞれに上限金額が設定されています。
「クレジットカードを利用した現金化」とは、本来商品やサービスを後払いするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を
換金目的で利用される行為であるため、弊社会員規約にて禁止しております。


クレジットカードを利用した現金化によるお客様の不利益

クレジットカードを利用した現金化を行うと、以下のような不利益を被る可能性もあります。絶対に利用しないようにしてください。

現金化業者から一時的に現金を取得できたとしても、後日利用代金をクレジットカード会社へ支払わなければなりません。
一時的な現金取得分以上にクレジットカード会社への支払いが発生いたします。

また、現金化業者にクレジットカード番号等を提供することで、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性もあります。


「クレジットカードを利用した現金化」の事例

ケース1

買取方式

販売業者が利用者にブランド店や家電量販店などで換金性の高い商品をクレジットカードで購入させ、手数料を差し引いた金額で商品を買い取る。

ケース2

キャッシュバック

販売業者が利用者に自店で販売しているほとんど価値のないものをクレジットカードで購入させ、手数料を差し引いた金額をキャッシュバックするもの。

(例)インターネット取引などでビー玉、CD-ROMなど安価な商品を高額で購入させ、購入代金の何割かが利用者の指定した口座に振込まれる。

ケース3

買戻方式

販売業者が利用者に自店で販売している買い戻しまたは返品特約付きの商品をクレジットカードで購入させ、手数料を差し引いた金額で当該特約に基づき商品を買い戻すもの。

ケース4

直接購入方式

利用者がクレジットカードで現行紙幣・貨幣を購入すること。


当社・各種協会での取り組みについて

弊社は「クレジットカードを利用した現金化」排除に向け、関係機関と連携し、消費者保護に努めます。
一般社団法人日本クレジット協会、日本クレジットカード協会などでも注意喚起を行っていますので、詳しくは以下リンク先をご確認ください。

日本クレジット協会

日本クレジットカード協会

楽天×FCバルセロナ 特設ページ