マイナビからエントリー リクナビからエントリー
TOP > 人を知る > システム部 / Jamesのインタビュー
システム部 / James / 2011年入社
≫現在担当されている業務内容を教えてください。
当社では収益の拡大や業務の効率化を目的とした、大小さまざまなシステム開発プロジェクトが進行しています。私は現在システム開発部門の一員として、ナショナルブランドのVisaやMasterCardの連携処理に関わるプロジェクトでプロジェクトリーダーを任せていただいています。一般的なシステム開発プロジェクトにおいては、QCD(Quality:品質)、(Cost:費用)、(Delivery:納期)が重要視されていますが、私は中でもクオリティを一番大切にしています。どのようなプロジェクトであっても、最終的に行きつく先は「人」です。使ってくれる人、またはそれに関わる人が、どのようなことを求めているか、常に先にいる「人」のことを考えて業務を行っています。
≫楽天カードに入社を決めた理由は?
きっかけは、グローバル・IT・ファイナンス。今ではFintech(Finance + technology)と呼ばれていますが、そこにグローバルな業務が加わっている当社にとても魅力を感じました。「ここで自身を磨ければ、何処ででもやっていける人になれるはず」と。ただ、それはあくまでもきっかけで、決め手となったのは、入社前にお話をしてくださった先輩社員の人柄でした。当時人事部に在籍されていた方で、会社の将来のことと同じように社員の将来のことを考え、お話してくださり、言葉の節々から「人」を大切にしていることが感じられました。こんな人と一緒に仕事をしてみたい!と感じ、入社を決意しました。実際に入社して、その方はもちろん、他の周りの方も温かい方が多く、日々恵まれた環境で仕事をさせて頂いております。
≫入社してから一番心に残っている出来事は何ですか?
年間一千万円以上の費用削減になる、業務効率化プロジェクトを担当させて頂いた時の話です。海外MasterCardに関連する処理の新規開発プロジェクトでしたので、海外MasterCardのシステム担当から実際に当社で業務を行う業務担当まで、幅広い関係者との密な連携が求められました。加えて、先方の英語のマニュアルをしっかりと理解する必要もあり、総じて難易度の高いプロジェクトだったと思います。それを最初から最後までやり抜き、自身の経験や知識が増えたことを実感し、そして業務部門のご担当と一緒に喜びを分かち合えた時は、本当に嬉しかったです。あなたに対応してもらえて良かったと頂いた感謝の言葉は、今でも忘れられません。
≫後輩に向けての就職活動アドバイス!
相手の求めていることを考えて、言葉のキャッチボールができるといいですね。常に、相手がどのようなことを求めているのかを意識して、それに見合った回答を論理的に展開できると、良い印象を与えることができると思います。社会人になって色々な方と話しをする際にも役立つので、私も日々意識しています。